万華鏡の光を放つ綿麻の着物をおしゃれにコーディネート・そして麻八寸名古屋帯が入荷

 ここ数日、ミゾレ交じりの雨が降り続いく最悪の天気でしたが、今日の青空を見て安心しました。

これで冬の天気が訪れることはないでしょう。

 

風はまだ冷たくとも行楽日和の土曜日、気持ちのいい週末を迎えることができたのではないかと思いますが、私は何処にも飛び立てない篭の鳥。

 

一人黙々と、展示会に備え畳を入れ物を動かす一日で、こんなに地味な仕事があるのかと思ってしまうような閉ざされた時間だったかもしれません。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

そんな時の気分転換は、決まって、売り場の模様替えか、おしゃれな着物コーディネート遊びです。

 

数日前に麻帯の問い合わせがあって、その帯で入荷したばかりの綿麻の着物をコーディネートしてみました。

 

季節的にはまだ早いのですが、とってもおしゃれなのでご覧ください。

 

 

006mennasanokimonowoko-dhine-to.JPG

なんとも不思議な着物コーディネートでしょ。

 

光を放つ着物かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、板締め(いたじめ)という古典的な絞り技法が、光と影のシルエットが生み出されるんですね~

 

素材は綿58%・麻42%の混紡で、涼感を感じさせる単衣時期から夏の着物になります。

この着物に麻八寸の名古屋帯を乗せてみました。

 

帯の模様は笹を図案化したものと思われますが、着物と帯のハーモニーに心を奪われ、一人で感激しておりました。

 

なんて素敵なんだろう・・・

これを着た人は、万華鏡(まんげきょう)の神秘な光を放つ、キラキラした着物美人になるだろうな~

その前に、初めて見る着物に驚きを隠せないかも・・・ 

 

グッドです。

 

 

今日に記事は、板締めの着物を紹介したくて、映像を載せた訳ではありません。

 

先程も申し上げたましたが、昨年夏のブログ記事に、この麻八寸の名古屋帯が載っていて、それを見た方から、「今年も品揃えをするのか教えて欲しい」とのメールが届きまてね~

 

お問い合わせをいただいた時点では、ハッキリしたことが言えなくて、入荷したらご紹介する旨の話しを伝え、仕入先の様子を見ていたのです。

 

お問い合わせをいただいてから二週間近く過ぎた頃に、その商品が市場に出てきましてね~

迷わず気に入った模様の帯を選びました。

 

映像でご覧ください。

 

 

004asahaltusunnnagoyaobi.JPG

ブルー地に小花模様

 

 

 

003asahaltusunnnagoyaobi.JPG

白地の近い薄ベージュ地のアヤメ模様

 

 

 

002asahaltusunnnagoyaobi.JPG

白地に可愛いチェリー柄

 

 

 

001asahaltusunnnagoyaobi.JPG

そして、笹の柄と思われる白地の麻帯。

 

4点とも同じ種類の麻八寸名古屋帯で、この巾で帯芯を使わずに名古屋帯として仕立てを加える帯です。

 

お問い合わせいただいたH様、あいまいな返事をしましたが、今年も作られていました。

ブログでご覧になられたグリーン系の帯が、あいにくなくて、ここにある4品を選んでみました。

 

お値段は昨年と同じになるよう努力してみました。(¥25,200)

お気に召す品があるようでしたら、早めにご返事をください。

 

今年に入って、各仕入れ先で夏物を見てまいりましたが、昨年以上に新しい夏物が作られていません。

 

時期としては、まだ早いのかもしれませんが、心を動かされる商品との出会いがあるようでしたら、迷わず手にしたほうが得策かと思っています。

 

参考までにお伝えしておきます。

 

それでは今日はこの辺で終わらせていただきます。

お休みなさい。

  

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ