蝶柄の単衣小紋を鈴蘭の染め帯でコーディネート・心が踊っています

 少し風が強かったかもしれませんが、穏やかな天気になり、ゆっくりした休日を過ごすことができたのではないかな~

 

私ものんびりとさせていただきました。

とは言っても、午前中の時間だけで、午後からは展示会に向けての会場準備。

数件の来客があっただけで、仕入れ先の出入りもなく、静かに事を進めることができた一日だったかもしれません。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

桜の見ごろも、そろそろ終わりかと思いますが、春の清々しさはほんのわずかで、これからは日中の蒸し暑を感じる日が訪れることでしょう。

 

そんな時の着物は、TPOを無視して、涼しく感じられる単衣の着物を活用されてもいいかと考えています。

 

そこで今日は、単衣小紋のコーディネートをしてみました。

 

ご覧ください。

 

005suzurannnosomeobidehitoenokomonnwoko-dhine-to.JPG

用意したのは、蝶柄のベージュピンクの小紋。

 

裏地を付けて袷にもできる生地ですが、単衣にもなることから、少し先の季節を考え黒地のちりめん染め帯、鈴蘭の柄を向かわせてみました。

 

どうですか? おしゃれでしょ・・・

 

単色の甘い色合いの着物に、黒地の帯を持ってくるとビシット締まるでしょ。

 

着物でも帯びでも、黒地は女性を美しく見せる色です。

ましてや季節を感じさせる模様となれば、おしゃれ感は上級者並みの着こなしと言えるのではないかな~

 

 

007hitoenokomonnwoosilyareniko-dhine-to.JPG

そして帯〆には涼感を感じさせる水色を入れてみました。

 

なかなかいいな~

 

19日からオーダーメイド草履を格安で紹介する、蘭の花を刺繍した草履も添えてみました。

 

とても素敵です。

自画自賛していますが、ここに着物の美学があります。

 

季節を考えた着こなしであること、そしてそこには、模様の繋がりであったり、色合いのバランスであったり、ストーリーがあること。

 

和装の世界で、そのツボを押さえられたら、着姿を目に触れた方の心に、ここちよい感動を与えるのではないでしょうか?

 

どうか、気を配れる着物愛好家であってください。

 

 

毎日、卯月展のことばかり考え仕事をしていますが、小さくても目の前に目標があると、老いぼれたおじさんであっても心を元気にしてくます。

 

これまでいろんな経験をしてくると、お客様に喜んでいただけることって何だろう~、

100点満点の娘を(商品を)、200点にする方法って何があるんだろう~

この店と出会えてよかったと感じていただける接客って、一番に何を大切にしたらいいのだろう~

 

いつも、願いを胸に持ち仕事に向き合っていますが、望みどおりにならない現実が迷いを誘います。

経営にゆとりなんてみじんもないのに、それでも諦めようとしない自分。

 

学習能力が足りないのかもしれませんが、きっと人が好きなんでしょうね~

だから、豊かな気持ちでいられるのかもしれませんね。

 

よく判らないけれど、関わりを持った人達に感謝しないと・・・

 

卯月展のテーマになっている「幸せの扉」は、この店の扉を開けて心豊かになれるというか、ご一緒に幸せ気分を味わいたい。

そんなメッセージが詰められています。

 

会が始まるまで時間が少なくなりましたが、今、出来ることを一生懸命努力したいと思っています。

遠くから応援していただければ幸せかな~

 

 

それでは今日はこれにて・・・

お休みなさい。

  

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ