黒地疋田柄小紋の魅力を語る・そして「涙市」の初日を終えてみて!

疋田小紋で秋の装い

今日から涙市の開催となりました。

お客様の入りを心配する私でしたが、何件かお客様が重なる時間帯もあり、まずまずの来客数ではなかっかと思っています。

 

ここしばらく来客数が少なかったこともあり、ざわつく店内に喜びがありましたが、閉店間際になると疲れを隠すことができません。

催事が始まったばかりなのに、25日まで高いモチベーションで臨んでいけるかが心配です。

 

これまでに涙市に対する店主の想いを何度も記事にしてまいりましたが、会を開いた目的は、決算を前にして在庫を少なくすることと、コロナ禍で落ち込んだ売り上げを取り戻すことです。

 

それは催事の期間中だけ店の商品が割引になるということで、仕入れ先からの応援もあって着物や帯の品揃えが増えて楽しんでいただける機会でもあります。

単に割引をするということだけでなく、着物コーディネートにもこだわりたくて素敵なおしゃれの提案をさせていただくことがこの店の役割かと考えています。

 

そこで今日は秋冬物の商品の中から絞りの着物になって見える、疋田染の黒地小紋をおしゃれな装いにしてみたのでご覧ください。

 

 

 

疋田小紋で秋の装い
疋田小紋で秋の装い

 

これがその画像になります。

総絞りの小紋になって見えますが、実際は絞ったように見せかけた疋田染めという着物で、地色が黒く重たく当たることから、着物の色を抜く感じで白っぽい染帯を乗せて秋のムードを演出させていただいたものです。

 

個性的な装いに見えるかもしれないが、着物通好みのおしゃれ感を味わえる組み合わせかと思っております。

 

着物はちりめん地に染められて品で税込み価格¥198,000の品が¥149,600となっていまして、染帯は¥211,000の品が¥136,400のお値段を付けさせていただきました。

 

おしゃれな着物コーディネートに涙市価格が付けられた訳ですが、黒字の着物だけに長羽織として仕立ててみるのも悪くないと思って、長羽織の形を作ってみたのでご覧ください。

 

 

 

疋田小紋を長羽織にして楽しむ
疋田小紋を長羽織にして楽しむ

 

どうでしょう・・・

着物よりもおしゃれ感が増して素敵な長羽織になると思いませんか?

 

このあっさり感に小粋さが秘められていて、年末年始の装いに生かされたら素敵じゃないかな~

参考にしてもらえたらと思って記事に取り上げさせていただきました。

 

なんとかここまで記事を書き終えることができましたが、これから夕食の支度をしなければならないと思ったらとても憂うつ。

他にも明日に備えて足袋や肌着の洗濯も必要で、明後日の日曜日の早朝は町内の草刈りに出なくてはならなくて気が重くなっています。

 

そうした中でストレスを溜めていますが、お客様から笑顔をいただけるから頑張れるのかもしれません。

明日はどのような日になるか分かりませんが、平常心で仕事と向き合えたら何とかなるのではないかと思っています。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ