さくら桜で春を着物でコーディネート・そして明るい未来は目の前に来ていると信じたい

さくら・桜/春をコーディネート

昨日に引き続いて肌寒い日となりました。

今日から3日間籠の鳥となることから、店内でできる仕事を順番にかたづけていけたらと思っているところです。

 

そこで今日は店内の模様替え。

気にかかっていたウインドーを手直ししてから、着物のレイアウトも替えてみることに・・・

 

春をイメージしての設えだけに、一つ一つディスプレーを春に寄り添うディスプレーに替えていくと、気持ちがワクワクしていくことに気づかされます。

 

 

 

さくら・桜/春をコーディネート
さくら・桜/春をコーディネート

 

そしてこの一角を桜・さくらでまとめてみました.

単にさくら模様で着物コーディネートしただけのものですが、気持ちが前に向き始めます。

 

こんな着こなしで気の合う仲間と着物で過ごす一日が作れたら素敵じゃないかな~

とか、この組み合わせで入学式に臨んでただいたら格好いいのにな~

 

このような感じで、着物を着こなしているシーンを思い浮かべながらコーディネートディスプレーを考えてみました。

 

しかし現実は厳しくて、来客の少ない日となって、多くの人にお洒落な着物コーディネートを見ていただくことができないことに寂しさを覚えております。

 

長引くコロナ禍もあり、モチベーションを高く持つことが難しくなっていますが、店を持つ側としては、集客が図れる戦略を考えなくてはなりません。

 

日夜考えていますがこれが難しい。

 

ウクライナ情勢に比べれば、天国ともいえる生活が送れているのに、どうして不満に支配されてしまうのでしょう。

喜びと感謝は何処に行ってしまったのかと思うことがありますが、全ては家族との関係性であったり、お客様との関係性に尽きると思っています。

 

21日でまん延防止措置が解除されることを聞いていますが、人の動きが活発になり、来客が増えることを期待したいものです。

 

そして明日は加賀染足袋の撮影で取り残した写真を店内で撮ることになりましてね~

朝10時に男性モデルとウエーブデザイナー、そしてカメラマンが来て数カットの写真を撮る予定ですが、とにかく下準備が盛りだくさんで、チームワークの在り方を教わっている感じが致します。

 

なので明日の午前中は忙しくなりそうです。

 

終わりが見えないコロナ禍の社会の中でプーチン大統領が起こした戦争と被害、そして福島県沖の地震まで付いてきて、世界はどうなってしまったのかと考えさせられることが多くなっています。

 

明るい社会を築くためにも、元気な大人たちが希望を持って踏み出すことが大切かと思っています。

 

自分の身の回りで何ができるのか?

どう動いたら物事が改善されるのか?

 

置かれている環境でできることが異なるのでしょうが、粘り強く、諦めないでほんの少しでもいいから踏み出せる大人でありたいです。

桜も咲き始めますし、明るい未来は目の前まで来ていると言い聞かせている私です。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ