石川県和装振興会が推進している「十三詣り」

2008_0124お花0003.JPG

 

夕方から 「石川県和装振興会」 の理事会がありただ今、戻ってきたところです。

今日の議案は、今年で8回目になる 「十三詣り」 。

 

今日はそのことについて、書いてみようと思います。

 

まず、 「石川県和装振興会」 とは、石川県のきもの業界が、着物の振興を図る為に、結成された組合です。

その一つの事業として、石川県の地で、新しい文化を根付かせようと 8年前に産声をあげたのが「十三詣り」 なんです。

 

しかしこの事業、私達の努力が不足していて、認知度がないんですね~

 

そこで、このブログを借りて、その内容を説明し呼びかけをさせて頂きます。

 

 『十三詣りとは・・・・・』

数えて13歳の春は、男女とも少年期から自我の目覚める青年期への境目に当たり、身体の変調も大きく、大人への第一歩ということで、、虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ) をお参りすることにより 「知恵と幸運」 が、あたわるよいう習わしの行事になっておます。

 

また、13歳は、七五三の7歳から20歳の成人祝いまでの、ちょうど真ん中にあたることもあって、大切な行事と考えられています。

 

そして、その 「十三詣り」 が、今年も金沢市小立野にある 「天徳院」 にて3月30日 (日) に行われます。

対象者は今年の春に小学校を卒業される男女で、受付後、「一文字祈願」 として、お好きな文字を筆で書いて納めます。

その後、特別祈願、住職のお話、お帰りの際には思い出となる記念品をお渡しするという内容です。

 

私の次女も数年前に、この十三詣りを着物でしましたが、厳粛でとても印象に残るものでした。

対象のお子様がいらっしゃる方は、是非、応募して下さいね・・・・・・

 

お問い合わせ先は、事務局をしている 「石川県和装振興会」 

℡ 076 (237) 5015 又は、お近くの呉服店さんまで。

 

さて、ここまではお知れせ記事になってしまいゴメンナサイ。

ここからは私の記事です。

 

今日、私のブログ記事を見てくれている方から、電話でブログ記事に載せた 「和柄の名刺入れ」 のご注文を頂きました。

仕事のことで最近出会い、私が大変お世話になっている方ですが、私の店で見てご注文を頂いたのとは違い、ブログ記事を見てご注文をもらっただけに、とても感激しています。

 

これもネット販売の一つに形なんだ・・・・・なんて思ったりしてね。

そのことが、私にはとても大切なこと。

 

何も知らなかったネットの世界に足を踏み入れ一年と数ヶ月、大きな夢を見ながら悪戦苦闘しているだけに嬉しかったですね~

 

夢は小さなことの積み重ね、この気持ちを忘れないようにしたいです。

 

そして、のろまなカメさんの第二ステージが新しくスタートしました。

どこまで出来るのか不安がいっぱいですが、自分に出来ることからチャレンジしていこうと思っています。

(恥をいっぱいかきながらね~)

どうか、これからも応援よろしくお願い致しますね・・・・・・・

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ