わげんあいご「和顔愛語」

 

今日はお花の会でお月見茶会です。

2008_0915tukimitilyakai0007.JPG

あいにく曇り空でお月さんを観ることが出来ませんでしたが、13人で楽しい時間を過ごしてみました。

 

2008_0915tukimitilyakai0005.JPG

私は行灯(あんどん)の灯りの中で行なわれる茶会が神秘的でとても好きなんですね~

風情を満喫してまいりました。

 

2008_0915tokimitilyakai0009.JPG

茶会が終わると、皆で輪になって井戸端会議。

会の皆さんには感謝しています。

ありがとうございました。

 

さて今日の記事になります。

先日のことですが、お客様から「わげんあいご」という言葉を教えて頂きました。

漢字で書くと「和顔愛語」と書くそうです。

 

その意味を聞かせて頂いたのですが、なんとなくしか解らなかったものでネットで調べてみました。

 

仏教の教えで、なごやかな表情と親愛の情がこもった言葉づかい。親しみやすく暖かい態度のことだそうです。

他にもアニメで解説している「仏教なるほどゼミナール」には、解りやすく書いてありましたので、紹介したいと思います。

 

「明るい笑顔」

笑顔と挨拶を出し惜しむことほどもったいないことはないだろう・・・・

ちょっと目元の筋肉を動かしわずか一言、二言を話すだけで人に幸せを与える。

自分も幸せになれるのに、そのチャンスを逃してしまっている。

 

何も持たずとも笑顔よって人の心を和ませることができるということが書いてありました。

 

優しい言葉と笑顔が未来を作るということだそうです。

 

振り返って考えてみると、お母さんや長女に笑顔でたくさんの幸せをもらっていることに気付かされた私でした。

 

生きている人達皆が そのような心で接することが出来たなら平和に暮らせるのにな~

私がこれから心がけたい格言にしたいと思います。

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif 

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ