着物のシワ取りと足袋の丸洗い・そして足袋のオシャレ

 

ここしばらく夜の時間帯が忙しくて・・・・・

仕事に関係した新しい情報をお伝えしないといけませんね。

 

今日は足袋の記事に、着物のシワ取りの話になります。

 

2008_0904tabiuranoyogore0009.JPG

この写真は私が愛用していた小紋足袋です。

洗濯をしても足袋の裏底の汚れが落ちなくなっていて、2,3年仕舞い込んでいたものです。

 

おそらく着物を着る機会の多い人であれば私と同じような経験をしているのではないでしょうか。

いくら洗っても落ちなければ履きたくありませんよね・・・・・・

実にもったいない話です。

 

そこで、足袋の丸洗いに出してみました。

 

2008_0916tabozokonoyogoreotosi0006.JPG

時間が経っていることもあり元通りにはなりまでんでしたがここまで汚れが落ちました。

これぐらいだと また履けそうです。

 

この小紋足袋のお値段は¥4,200の品で足袋の丸洗いは¥1,050。

新しい足袋を買い求めるとり断然お得です。

 

週2回、京都から専門業者が着てくれているのに、足袋の丸洗いに気付かなかったとは誠に愚かでした。

もう少し早く出していれば、奇麗になっていたかもしれないのにね。

 

ちょうどいい機会です。

今日は足袋を幾つか紹介してみます。

 

2008_0916kara-tabi0008.JPG

最初に紹介するのは、ナイロン素材のカラー足袋、¥840の品です。

ソックス式で伸び縮みしますが、M寸(22.5~ 23.5)とL寸(23.5~24.5)の二サイズ、色は白を含む8色を揃えています。

普段着のカジュアル系の足袋になります。

 

2008_0916garatabi0009.JPG

こちらの柄足袋もソックス式で、女性の水着の素材から出来ています。

伸び縮することから21~26cmまでのサイズに対応、お値段は¥1,575の品です。

 

いずれの品も底が白でないことから、汚れを気にすることがありません。

お客様は着物以外にジーンズなどの洋服に合わせて利用されている方もいらっしゃいます。

また、白足袋の足袋カバーとしてご使用も可能です。

 

2008_0916komonngaratasi0010.JPG

次にご紹介するのは、お洒落な小紋柄の足袋になります。

裏底は白で4枚こはぜの綿素材になります。

(私が丸洗いに出した足袋と同じ物)

お値段は女性用、男性用共に¥4.200の品です。

 

趣味的な紬などには最高のお洒落な足袋だと思いますよ・・・・・

ちなみに、裏底を黒にして誂えることも可能です。

お値段は割高になりますがね。

 

2008_0916sisilyuutabi0012.JPG

最後に紹介するのがワンポイント刺しゅうの足袋になります。

普段皆さんが履いている白足袋に刺しゅうをあしらったものです。

お値段は¥3.675です。

 

一言に足袋といってもいろんな種類があることがお分かりいただけたと思います。

着物の用途によって使い分けしてみるのも楽しいものですよ・・・・・・

 

着物をお洒落に着こなす術として取り入れていただければ幸いです。

 

今日はチョト盛り沢山の記事になりますが、最後に着物のシワ取りを依頼されたお客様の着物をご紹介します。

 

2008_0904kimononosiwa0010.JPG

この夏何度かお召しになられた綿麻の着物です。

とてもオシャレな着物で、雨と汗でシワが戻らないとおっしゃっていました。

 

ご自身でアイロンをかけても、このシワはとりにくいものです。

それに危険な作業でもあります。

 

そこで、丸洗いをさせて頂くことになりました。

 

2008_0916kimononosiwatori0004.JPG

これが丸洗いをした仕上りです。

以前のシワは何処にも見当たらず新品の着物になりました。

着物に付着した汗も奇麗に取れています。

 

丸洗いのお値段として¥4.620の費用がかかりましたがこれで安心です。

来年も新鮮な気持ちでこの着物を着て頂けることでしょう・・・・・

 

このように着物のお手入れには多少の経費がかかりますが、専門家に任せていただくことが長持ちする秘訣です。

どうか参考にして下さい。

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif 

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ