お母さんの振袖を再び生き返らせる仕事

 

毎日ブログを投稿していて何が変わったのか?

他にしなくてはならない事がいっぱいあるのに・・・・・

大切なことを優先すべきではないのかと考えさせられています。

 

時間が止まってくれないかな~

 

どうも疲れが溜まっているみたいです。

 

気を取り直して今日の投稿です。

 

今年の秋に入って昔着た振袖に合った帯締めや帯揚げなどの小物を新しく見立てて欲しいとの相談がよくあります。

お母さんが着た振袖を娘の成人式に着せたいという相談です。

 

お持ちになられる振袖を拝見すると立派な振袖が多いんですね~

当時で一式80万円~100万円したような振袖で今の振袖のパンフレットとは大違い。

着物の質も色合いや柄も素敵で、流行に左右させない古典柄ばかりです。

 

着物って本来そうあるべきものだと痛感させられる次第です。

 

私もその当時は振袖商戦の前線で頑張っていて、晴れ着は一式100万円前後するものだと考えていたお客様が少なくありませんですた。

振り返ってみると、いいものが売れていた時代だったんですね~

 

今のお嬢様方は着物を洋服的なファッションとして捉えているところがあり、パンフレットのような振袖を着たがりますが、皆と同じでは面白くないと思いませんか?

 

それよりお婆ちゃんが選んでくれた着物の方が何倍も素敵だと思います。

 

新しい振袖を準備する前に、お母さんの振袖が着れるかを信頼できる呉服屋さんで相談なさることをおススメします。

小物を変えるだけで着物の表情が随分変わりますからね~

 

ご相談にこられるお母さんの本音は、娘にいい振袖を買ってやれないという背景もあるようですが・・・・・・

そんな時は遠慮なさらず、呉服屋さんを頼りにしてくださいね。

お嬢様を納得させてみせますから。

 

2008_1004sisilyuunohanneri0005.JPG

これは振袖などに合わせる正絹の刺しゅう半衿です。

とても豪華で素敵でしょう。

 

2008_1004sisilnohanneri0004.JPG

これも正絹の刺しゅう半衿です。

 

着物をコーディナーとする事が私の仕事。

タンスに眠っていた振袖を再び生き返らせてみたいと品揃えを済ませた今日でした。

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ