ハトが幸せを運ぶおしゃれな着物コーディネート

hatonogaranoobi.JPG

今日の話題は このハトです。

見てのとおり、ハトの模様をアップにして写したしたもので、和装の柄として制作された商品なんですよ。

 

なぞかけみたいになりましたが、帯の模様として職先に作ってもらった品で、秋号のきもの雑誌が発売になる今日を意識したかのようにして、店に届きました。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

   

紬素材の生地に、ハトの輪郭を刺しゅうで描き、口ばしには緑の葉が付いた小枝を一枝を加え、いかにも「幸せを運ぶ鳥」という印象が伝わってきます。

 

模様の荒々しさの中に、素朴な味と優しさが表現された、ハトの全体像をご覧ください。

 

 

 

hatonogaranoobiwoko-dhine-to.JPG

縞の模様の士乎路(しおじ)紬に合わせてみました、これがとってもおしゃれで、細い線のハトが空を飛んでいるみたいで面白いでしょ・・・。

 

この写真を見るだけで心が弾み、メルヘンタッチのハトに目が釘付けになります。

 

 

前の腹の部分も小物で色合わせしてみましょう・・・

 

 

siozitumugiwoko-dhine-to-20108gatu.JPG

ハッピーな感じになるように、帯締め帯揚げをコーディネート。

 

シンプルな中におしゃれ感があって、上品にまとめることが出来たように思います。

 

 

yumuginiawasetanagazilyubann.JPG

コーディネートの最後に、長襦袢を合わせてみることに・・・

 

兎柄です。

袖の振りの部分を意識して写真に収めました。

チラッと、このような兎が見えたりすると 楽しい気持ちになれると思いませんか・・・。

 

 

楽しいコーディネートは、小さなプチ行事もイベント的になり、その着こなしを人に見せたくなるのが おしゃれな女心。

そこに着物の出番が待っている訳で、現代の着物の楽しみ方でもあります。

 

どうかご自身のこだわりを 着物の着こなしの中に取り入れてみてください。

 

今日発売になった「美しいキモノ」の秋号を見ても、カジュアル系の着物ば注目されているのか、最初のページから紬ばかりが紹介されていて、趣味性の高いコーディネートに心引かれるものがあります。

 

ここで紹介した「ハトの帯」もその一つ。

ハトを手にして、幸せをな気分になっていただきたいと願う私です。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ