「同窓会」懐かしい友は年月が流れても変わっていませんでした

 昨夜は中学時代の同窓会あり、同級生と楽しい時間を過ごすことができました。 

 

それにしても私も含め、皆年を取ったものです。

 

 

007dousoukai.JPG

懇親会が始まる前に参加者全員の記念写真。

4クラス159名の卒業生で、所在が分る人が139名。

その中から集まったメンバーが43人。

 

卒業してから2度目の同窓会というのに、参加者が少ないのには驚きました。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

「同窓会に出られる人は幸せな生活を送っていると考えてもいい」みたいなことを話していた仕入れ先の担当者がいましたが、的外れではないのかも・・・

 

昔の話を持ち出しながら、

「あんなに活躍していた〇〇が病気・・・」

「〇〇は事業に失敗してサラリーマンになっているらしい・・・」

「あいつが亡くなったって・・・」

(勿論、都合が付かなかった人もいたようです。)

 

中学と言えば、頭の良し悪しに関わらず、同じ時間を共有しながら泣いたり笑ったりして過ごした仲間です。

勝った負けたの世界もなく、今になって思えば家族みたいな関係だったのかもしれません。

特に私は卒業後皆との交流がなかっただけに、再会の喜びに酔いしれるところがありました。

 

それが社会に出て、いろんな経験を積んで今日に至っていることを知らされるものでした。

山あり谷ありの人生って感じかな~

 

みんな年を取ったけれど昔のままでした。

それが何より嬉しかったです。

 

同窓会で酒を酌み交わせる環境を手にすることが出来ている・・・

それは喜ばなくてはならない現実なんだと感じたしだいです。

 

ところで、私の店をPRしたくて着物を着て行ったのですが、(記念写真中央より向かってやや左)その姿には誰もが驚いていたみたいでした。

だって私が着物関係の仕事をしていることをほとんどの人が知らないのだから無理もありません。

 

中には「芸人かと思った・・・」、そんなことを言う奴もいましたが、仕事がら、お客様から同窓会に着物を着て行きたいという相談を受けることがちょくちょくあり、今回の場でも着物姿の方がいるかもしれない。

心のどこかでかすかな期待を寄せていましたが、私の同級生は着物とは無縁という感じで寂しく思いました。

 

とにかく、皆幸せそうでした。

次の同窓会までこのままの状態でいて欲しい、そんな気持ちを抱きながら皆と別れてきました。

 

 

話は変わりますが、明日がお母さんの命日です。

私たちの目の前から姿が見えなくなって3年の月日は流れました。

 

いまだに、お母さんの代役をこなせきれず、時間と共に、いないことから起きると考えられる「ほころび」みたいなものが見えてきていることに、自分の力不足を感じています。

 

どうしてこんなにも早く去って行ったのか・・・

もっともっと力を借りたかったのに・・・

それに癒しの笑顔も見たかったのに・・・

 

自慢の女房がいなくなっては、私の自慢話しも少なくなってしまい寂しんだな~

 

失ったものの大きさは計り知れないものがありますが、なんとかして乗り越えていかねばなりません。

だから家族が手を取り合って踏み出すことを教えられているところです。

 

命日より一日早いが、家にいた次女を連れてお墓参りをしてきました。

妻の友達が会いに来てくれたみたいで、好きだったお菓子がお墓にお供えしてありました。

この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

喜んでいることでしょう・・・。

 

 

それではこれで今日の記事を終わりたいと思います。

お休みなさい。

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ