11月の京都・或る商談会で目にしたこととは

 朝起きをして京都へ向かう。

いつも新しい月の始まりは、こうして始まります。

 

京都に入るのが朝8時40分頃。

それから順番に仕入れ先を回る訳だが、一日を終えて戻って来た時にはエネルギーを使い果たしてしまって、なにもしたくない病になっています。

 

 

00211gatunokilyouto.JPG

11月の京都は、染織関係の各団体が集まり、私達にアピールする場が設けられていて、例年より活気があったように感じました。

 

少し砕いた言い方をすると、ビジネスチャンスを広げるたまに作り手と、売り手がお見合いをし、商談を進め場です。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

そこには市場にPRしたい新製品が出品されていました。

 

各社さまざまな商品が並んでいる中で、目に付いた商品がいくつかありました。

それは、作り手側が消費してくださる側に立ち、リーズナブルでカジュアルな着物と帯をコーディネート提案がされていたことです。

 

年代層は20代~30代。

 

この年代層は、昔からの呉服店さんが一番苦手としている層なだけに、新しい取り組みとしては面白いと考えますが、同時に新しい芽を育てるという根気も求められるものです。

 

いずれにせよ、改革が求められている事だけは確か。

刺激をいただいた気がしました。

 

お天気も良かったこともあり、たくさんの件数を回ることができましたが、その分疲れも増しヘトヘト。

 

 

00511gatunokilyouto.JPG

京都駅に戻ると、駅の特設会場でクラッシックの演奏がされていました。

しばらく立ち止まり、その音色に耳をすませ聞いていると、不思議なことに心が癒されましてね~

 

行政の乙な計らいに感激を覚えたひと時でした。

 

これで、私の一日がようやく終わりました。

では、お休みなさい。

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ