雑草と草刈りに学ぶ・そして「時時勤払拭」の意味

 草はなんと逞しいのだろう。

土と太陽と水があれば、どんな環境のところだろうと育つ。

人間のように美味しいものを食べている訳でもないのに、静かに大きくなって行く。

踏まれても蹴られても、痛そうな顔など何一つ見せず、我が道を歩く草たちを私たちは雑草と呼びます。

 

実に素晴らしい生命力である。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

ただ一つ欠点があるとしたら、それは人間に好まれていないことかな~

とにかく自分勝手で、生活を楽しませてくれるものではなのが雑草です。

 

可哀そうに思いますが、逞しい生命力に見習うべきところがあるだけに、その存在を認めなくてはいけないのかもしれませんね。

 

私たちの住む住宅地はその雑草が伸び放題になっていて、皆で草刈りをする日となりました。

じゃまくさい決まり事ですが、手伝わなくてはなりません。

 

始まりの時間は朝7時。

 

妻がいた頃は、ジャンケンで草刈りを決めていましたが、そのジャンケンをする相手もいなくなり、草刈りの準備をして出動です。

 

約一時間で決められた場所の草刈りを終えて家に戻ると、その勢いで掃除と乱れた部屋の整頓と後片付け。

 

午後から店を開けはみたものの、一日のエネルギーを使い果たしてしまったのか仕事に身が入りません。

だらしない自分が顔を覗かせています。

 

どうも、ここ数日間の寒さで風邪を引いたのか寒気がしてね~

 

さて、今日の記事ですが禅語の言葉を紹介したいと思います。

 

  ー 時時勤払拭 (じじにつとめて ふっしきせよ) -

 

 いつも家を綺麗にしている人に掃除の秘訣を尋ねると、毎日簡単に磨いているという答えが返ってきます。放っておくと、汚れが落ちにくくなり、掃除するのもおっくうになるからです。

 

怠けていると心も悩みや欲望でどんどん汚れていきます。欲望にまみれて動きがとてなくなる前に、いつも綺麗にする習慣を身につけましょう。

「時間ができたらやろう」と、後回しにしたりせず、日々こまかに磨き続けること。その積み重ねで、心はますます美しく輝いていきます。

 

私はこの言葉に納得させられています。

 

じゃまくさい掃除や草刈りは、ある意味で心を磨く行為なのかもしれませんね。

 

今日は店を早じまいすることに致しました。

 

早い投稿になりましたが、明日もまたお会いしましょう・・・

では、さようなら。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ