誰が袖に鶴亀のれんに木目込み人形「お正月飾り・パート6」

 18日からの会を控え、注文を入れていた商品が毎日のように入荷しています。

 

その荷物を開き、順番に売り場に入れて行く訳ですが、限られた売り場だけにディスプレーに苦慮していましてね~

 

商品や備品の大移動と共に、和雑貨と和装小物のコーナーをいろいろと触る一日でした。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

それでは今日の投稿です。

 

 

008asanorenntakazodeturukame.JPG

新作の麻のれんが入荷し、可愛い木目込み人形を前に置いてお正月をイメージしてみました。

 

のれんは幅90×150㎝丈の大きさのもので、誰が袖(たがそで)に鶴亀の柄です。

模様の構図が面白いでしょ・・・

 

 

003kimekomininngilyougoaisatu.JPG

のれんを背景に軽く会釈をしているのが、晴れ着を着た少女。

 

古布を着せ付けした「ごあいさつ」と名付けられた木目込み人形ですが、優しい表情に癒されています。

(大きさは巾16×奥9×高さ30㎝)

 

のれんとこの人形で新年のご挨拶って感じかな~

これもお正月を迎える演出の仕方ではないでしょうか?

 

お値段は共に26,250円の品になります。

 

 

004kofuosietapesutori-manekinako.JPG

そしてこちらは54㎝丈の古布の押し絵タペストリー招き猫です。

 

右手を上げているので金運ですね!

 

餅玉や羽子板もあるのでお正月飾りにされると縁起がよろしいのでは・・・

 

 

006kofuosietapesutori-manekineko.JPG

横から見ると3Dであることがよく分かるかと思います。

お値段は7,140円の品です。

 

干支飾りは12年に一度、お正月飾りは年に一度、飾る頻度からすねば、招き猫の方が活躍するかもしれませんね。

 

参考にしてください。

 

 

お天気がようやく例年の10月の気候になった感じです。

 

これから秋の風情を味わえるようになるかと思いますが、店は日に日に冬支度の様相を深めています。

 

今は会の準備に夢中ですが、ふと頭を過る不安。

お客様の関心を集めることができるのだろうか?

一人相撲を取っているのではないだろうか?

 

その答えを教えてくれるのは18日から4日間のお客様の動きです。

 

店の参観日はいくつこなしても怖いものがあります。

 

急に冷え込んでまいりました。

どうか油断をなさらないでお休みください。

 

それではこれにて・・・お休みなさい。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ