桜柄の帯で春をコーディネートしてみました

♥ 今日は来客が多くてとても忙しい一日でした。

投稿したい映像の撮影に手間取ってしまったこともあり、伝えたいことだけを言葉にすることといたします。

テーマを「桜柄で春をコーディネート」。

CSC_0031sakuranoobidehakusanntumugiwoko-dhine-to.JPGこちらの映像は白山紬の無地着物に加賀友禅染帯の桜柄を組み合わせたものです。

皆さんはご存知でないかもしれませんが白山紬は石川県で作られた紬で、牛首紬より少し柔らかさがある紬かと思います。

紫に染められた無地に、レモン色をベースに加賀友禅で描かれた桜柄で春をコーディネートしてみました。

CSC_0033sakuranoobidehakusanntumugiwoko-dhine-to.JPG腹はこのような感じで帯〆と帯揚げをいれてみました。

DSC_0035hakusanntumuginohaltukake.JPGこの無地の面白い点は裏地になる八掛も付いていて、上前の衽(おくみ)の裏側に加賀友禅で描いたワンポイント花柄が出るように染められていることです。

つまり、裏地にこの模様が顔を出すように染められた無地なんですね~

感謝セールの期間中の限定品となりますが、お値段は次のとおりです。

【白山紬色無地・八掛付き(ワンポイント柄は加賀友禅)】・・・¥237.600 ⇒ ¥151.200

【加賀友禅染帯・桜柄】・・・¥194.400 ⇒ ¥140.400

【帯〆】・・・¥16.200 ⇒ ¥12.960

【帯揚げ】・・・¥17.280 ⇒ ¥13.824

4点のトータルコーディネート価格は¥318.384となります。

DSC_0052kagayuuzennsomeobi.JPGそしてこちらの帯が加賀友禅作家さんが描かれた桜柄の帯です。

桜柄の染帯でも京都で染めた品になると趣が違ってまいります。

DSC_0045sakuragaranosiozeobi.JPGそれが黒地の枝垂桜。

こちらの染帯でドット柄の江戸小紋と組み合わせて春をコーディネートしてみました。

DSC_0038osilyarenakimonoko-dhine-to.JPGブルー系の色になります。

DSC_0040sakuranoobideko-dhine-to.JPGこちらが腹の部分になる映像です。

【ドット柄小紋】・・・¥226.800 ⇒ ¥162.000

【桜柄染帯】・・・¥172.800 ⇒ ¥140.400

【帯〆】・・・¥10.800 ⇒ ¥8.640

【帯揚げ】・・・¥17.280 ⇒ ¥13.824

4点のトータルコーディネート価格は¥324.864となります。

DSC_0050sakuragaranoobidekimonoko-dhine-to.JPGそして最後に地紋が入った花兎柄の無地に黒地の帯を合わせると、モダンな感じが漂う大人のコーディネートへと変わります。

【色無地】・・・¥151.200 ⇒ ¥138.080

ここに表示させていただいた割引価格は、年に一度の感謝セールとして取り上げた企画「15万円までの着物や帯の会」での価格です。

期間は来る26日(木)から29日(日)までの4日間で、日々その準備に追われていますが、本番まで残すところ一日。

そして、この会が終わると一日置いて、12月1日・2日と泊りがけで、お客様と京都南座である顔見世と京都観光ツアーへと向かいます。

これも私の店で企画したもので、ここしばらく気が抜けません。

ここが正念場。

気力を振り絞って頑張らないといけませんね。

それではこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ