明日18日から染織作家荒川眞理子氏の型絵染展が始まります・そして明日はお客様との交流会

荒川眞理子氏が染たれた型絵染の帯

明日からの型絵染展に向けて、型絵染作家の荒川眞理子氏がお手伝いに来てくださいました。

荒川氏は台風19号で被害が出た水戸市の方で、北陸新幹線が使えないことから遠回りをして夕方に店に入って下さいました。

 

久しぶりの再会となりますが、店にお越しになられるのは初めてで、店内で休んでいただいていたのですが、しばらくしてお客様があり、急に忙しくなりましてね~

 

幸先よく、荒川氏の型絵染の帯を選んでくださった方がいまして、肩の荷が少し軽くなったかもしれません。

 

人手が少ないもので閉店間際までバタバタしていまして、片づけを終えてからパソコンを動かし始めたところです。

 

 

では今日の投稿です。

 

 

 

 

18日からの型絵染の看板
18日からの型絵染の看板

 

店頭には明日から4日間の期間開催させていただく「型絵染展」の立ちました。

 

いよいよ明日から荒川氏のお力もお借りして開催させていただく訳ですが、業界でご活躍中の女性作家さんに店に来ていただくのは初めてのことで、明日の閉店後にお客様と荒川氏との交流会を店内で開催させていただくことになっています。

 

この企画を思いついたのは、着物を製作される作家さんとざっくばらんにお話ができる機会を用意させていただいたらお客様に喜んでいただけるのではないかと思って用意したものです。

 

それに制作をされている作家さんでもあり、商品に対する詳しいお話も聞けるでしょう。

 

これも店のチャレンジ企画で、明日は長い一日になるのではないかと考えております。

 

 

 

 

荒川眞理子氏が染たれた型絵染の帯
荒川眞理子氏が染たれた型絵染の帯

 

そして明日からいよいよ本番で、店内の一角には荒川眞理子氏の型絵染の商品が並びました。

とは言っても図案から型紙作り、糊置きに彩色まで全ての工程をお一人でしていらっしゃるもので、ご紹介できる作品に限りがあることをご承知いただければと思っております。

 

紺系の格子からの小紋に合わせたダークな地色の帯も荒川氏の作品になりますが、模様の色彩が艶やかで綺麗でしょ・・・

結城紬や大島紬など、紬系でカジュアル感が溢れた着物に合わせるとカッコいいですね~

沈んだ色合いの着物であっても映えるし、薄地で綺麗な色合いの着物でも着姿がキリット締まって、合わせやすい帯だと思っています。

 

それに年代幅も広くてお勧めさせていただきたいひと品です。

 

このような感じで着物も作っていただきました。

 

型絵染展は明日から4日間で、18日(金)と19日(土)の両日は荒川氏が店内にいらっしゃいますので、興味をお持ちでしたら是非来店されてみてください。

 

他にもお伝えしたいことが山のようにありますが、明日に備えて体を休めたいと思っていまして、記事はここまでとさせていただきます。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ