「ママ振り」の相談が増えている昨今の振袖市場・そして着物美人になれる振袖

ブルー系の松竹梅柄の振袖をコーディネート

そろそろ初売りの準備を始めたいと考えているのですが、その前に店が発行している情報紙を配り終えてしまいたくて連日の外回り。

今日はあちこち飛び回っていたもので疲れを感じていまして、閉店と同時に帰宅したいところですが、ブログ投稿が残っていてもう少し頑張らなくてはなりません。

 

成人式が近くなると、振袖に関したご相談が増えてまいります。

振袖に合わせる重な衿や帯〆帯揚げなどの和装小物の準備であったり、再来年の成人式に向けての振袖のお仕度相談をいただくこともある訳ですが、どちら様も着物に詳しいといえないもので、その対応には気を遣います。

 

振袖に関しては、個人情報保護法という法律が制定されてから、対象者の名簿を手にするというを止めた訳ですが、そのことで成人式を迎える対象者が全く分からなくなり、積極駅に振袖を追いかけることがなくなってしまいました。

そうした中で振袖に特化する専門店が現れて、振袖のセット販売だけではなく、記念撮影や振袖着付けなどをパックにした販売方法で着物初心者を惹きつけるやり方が勢いを増し始めたかと思えばて、近年はレンタル振袖を扱う呉服店さんの出てきて、振袖市場は戦国時代を迎えたと言っても過言ではありません。

 

その過激さは品質にも現れ始めていまして、チャラチャラした振袖が主流になり始めると、成人を祝う着物とは違うことに気づき始めたのか、バブル期に振袖を購入されたお母様の振袖を活用した”ママ振り”へと変化している感じが致します。

 

店にはお母様が着た振袖の寸法直しや、帯や小物類を新しくして、装いの雰囲気を変えたいと望まれるお母さんのご相談が増えていることを考えると、振袖市場はどこかでボタンの掛け違いが起きていると言えるのかもしれません。

 

一方で、リーズナブルな価格帯のセット販売やレンタル振袖を扱う先が増え始めると、ダメージを受けているのが古典柄の振袖を染めている先の業者さんで、仕事が激減していることを聞かされています。

 

納得できる品質の振袖が市場から消えていっていると感じるのは、そのような背景があるからかもしれません。

 

そうした中でも素敵な振袖を作られている先はまだ残されていまして、作られている量が少なくなっているようです。

 

 

 

ブルー系の松竹梅柄の振袖をコーディネート
ブルー系の松竹梅柄の振袖をコーディネート

 

ここにアップさせていただいたブルー系の振袖もその一つかと思っていまして、吉祥柄の松竹梅の模様で、ハレの日を祝う古典柄と言えるのではないでしょうか?

 

華やかさと清潔感を兼ね備えていて、色合いと模様のバランスがとても綺麗に表現された振袖かと思っております。

 

エレガンスな香りが漂っていて素敵でしょう・・・

 

 

 

 

紫の帯締めを使ったコーディネート
紫の帯締めを使ったコーディネート

 

合わせる帯の色合いは、可愛い感じにまとまるのあれば朱赤、個性的にしたいのであれば黒っぽい帯かと考えていますが、フレッシュ感を出してみたくて白地に扇面と蝶の柄が入った帯に大人のムードを引き出すことができる紫の平打ち帯締めでコーディネートしてみました。

 

好みのあるでしょうが、着物美人になることでしょう。

 

実は千葉県のお客様に紹介させていただきたくてここにアップさせていただきました。

このような色合いも選択肢に一つにあっていいと考えています。

振袖事情の含めて参考にされてみて下さい。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ