店の役割を呟く店主・「コロナ禍だからこそ店の存在を示したい」

匂い袋「花水木」

端午の節句の日が終わり、兜の木目込み人形や鯉のぼりのタペストリーなどを端午の節句用品を片づけ、少しだけ模様替え。

初夏の和雑貨といえるものが少なくて、変化に飛んだ店作りができないことに頭を悩ませているところです。

 

その原因の源となっているものの一つにコロナ禍があり、仕入先が目新しい商品が作られていないことや、来客数の減少から、仕入れを何処までしたらいいのか迷いもあって、思い切ったことが出来ないというのが実情かもしれません。

 

それぞれ立つ位置が違っても、コロナ禍で立ち往生しているのは何処も同じで、改善策を導き出すスキルの高さと気持ちの持ち方があれば物事を変えられると思っています。

 

しかし私にはスキルの高さは全くなくて、熱い想いだけで荒波の中を航海していると言えるかもしれません。

難しいことは分からないが、目指す方向を定めたら無我夢中で駆け抜けようとし、困難があっても、失敗しても、諦めないでいたから今日があるのかもしれません。

 

その意味で目指す方向を定めることが、経営者として必要なことかと考えています。

 

しかし十数ヶ月続くコロナ禍は、人命と経済活動を止める複雑な社会問題となるものになっていて、これまでの経験から対策を講じることが難しくなっているんですね~

 

本当に悩ましい事態になっていると思っています。

 

今考えていることは、コロナ禍で膨らむお客様のストレスが緩和できる店が作れたら、お客様も店もハッピーになれるのではないだろうか?

 

 

 

匂い袋「花水木」
匂い袋「花水木」

 

その役割を果たしてくれるものとして安らぎの空間があるかと思っております。

 

お香の香りにホッとさせられるところがあって、店内を眺めれば季節感のあるのれんやタペストリーが目に入り、今月から店のBGMをクラッシックに替えて、カジュアルな雰囲気の美術館的な雰囲気を作り出すようにしています。

 

そしてきもの関係はクオリティの高い遊び感覚ものをメインに持ってきて、目で楽しんでいただけるディスプレーであることに心がけています。

 

和物商品に興味をお持ちでしたら、十分楽しんでいただける店内になっているかと思ってます。

 

上手く説明が出来ませんが、メディアから流れる情報に疲れを覚えていて、この店の空間の中で豊かな気持ちを取り戻していただける機会になればと思っている次第です。

 

この二行を書くために随分遠回りをしましたが、コロナ禍だからこそ、この店の出番が来たいと思っています。

豊かな気持ちを持ってコロナ禍と向き合える店でありたいです。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ