加賀友禅作家が描いた宝尽し文様の付け下げを感謝祭に出品

加賀友禅付け下げ/宝尽し文様

私の頭の中は感謝祭のことでいっぱいになっていていますが、この催事の後に控えている着物で楽しむクリスマスパーティーの段取りも必要とされていまして気ぜわしい日々が続いております。

 

そのクリスマスパーティーですが、今回県民割を使わせていただくこともありまして、参加者が40名を超えていまして、そのうちの7割近くの方が会場となる金沢国際ホテルに宿泊を希望されています。

なので店はツアーガイド的な確認事項も賜ることとなり、忙しくさせていただいています。

 

これまでコロナ禍でお客様の動きが止まっていたことを思うと、にわかに慌ただしくなり始めていまして、とても嬉しく思っている次第です。

 

一方で店の感謝祭は平日とあって来客は少ないものの、お客様の笑顔をいただくことが出来て、会の勢いが続いていることに喜びを感じていいます。

 

このまま最終日まで続いてくれることを期待しながらも、甘くない現実であることも承知していまして、店の役割が何であるかを問いかけながら、お客様の接客に当たりたいと考えているところです。

 

 

 

フォーマルの着物/加賀友禅付け下げをコーディネート
フォーマルの着物/加賀友禅付け下げをコーディネート

 

この画像は加賀友禅付け下げを白地の松葉文様の帯でコーディネートしたものです。

加賀友禅で古典柄の宝尽し文様って珍しいかと思っておりますが、格調高い吉祥模様だけに晴れの日のフォーマル着として活用していただける着物になります。

 

例えば新年会やお茶の初釜、入学式のお母さんの装いともなるもので、加賀友禅作家さんの手描き友禅としての品の良さを伝えていましてここに紹介させていただきました。

 

 

 

加賀友禅付け下げ/宝尽し文様
加賀友禅付け下げ/宝尽し文様

 

この加賀友禅付け下げは加賀友禅ファンであれば、誰もがご存じの作家さんが描いた着物で、価値ある着物かと考えております。

それ故に今回の感謝祭では税込み、¥220,000での発表となりました。

参考にされてください。

 

ところで今年も残り一月余りとなり、そろそろ来年に向けての店のビジョンをまとめないとならないと思っています。

 

これから先、どうしたいのか。どのような店にして行きたいのか。

時代の波に打たれて流されていく店とはおさらばしたい!

新しい風をどうしたら起こせるのかを真剣に考えて、一つの方向性を導き出したいと思っている私です。

 

では、今日はこれにて。
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ