黒地の黄色の紅花紬を紫地の紬帯でコーディネート・そして永遠に続く店作りに疲れが溜る

秋冬物の紅花紬を紬八寸帯でコーディネート

涙市は今日で5日目。毎日忙しい訳ではありませんが、店内で籠の鳥状態でいると、疲れが肉体にも現われ始めていて体が重たいんだな~

 

明日が最終日となるので、暑さや疲れにも負けないで、緊張を持ち続けることが出来ればと思っていますが、心を燃やす続けるパワーは半端なく必要とされていて、神業に近いことなにかも。

 

時間が止まった世界で何も考えすにボートっと過ごせたら最高なんだけど、そんな想いが持てることって裏を返せば幸せなことなのかもしれません。

気苦労が絶えませんが、私が選んで歩いている道なので自分でコントロールしないといけませんよね~

 

今日は店を閉めてから、食品スーパーで買い物。

それが今の私の気晴らしとなっているから笑えます。

 

さて、今日のきものコーディネートは秋冬物の装いになります。

時期が時期だけに、涙市の情報として控えていましたが、きものコーナーの6割近くが秋冬物でもあってここに紹介してみます。

 

 

 

秋冬物の紅花紬を紬八寸帯でコーディネート
秋冬物の紅花紬を紬八寸帯でコーディネート

 

選んだのは黒地に近い紅花染めの新田間道で、餅肌の風合いと紬らしい織糸の節が沢山あって、紅花で染めた黄色の縞が素朴味わいを深めているきものかと思っています。

 

そのきものに紫地の紬八寸名古屋帯で組み合わせてみました。

最初こちらの紅花紬にベージュの紬帯を乗せてみたのですが、誰もが組み合わせる着こなしになってしまっていたもので、こちらの紫の風車に小花柄でコーディネート。

 

すると面白い表情が現われたのでここに紹介しました。

 

故郷の親しみやすいきものに、新しい風を取り入れたセンスが感じられてステキだと思いません。

 

里山にある温泉宿でお蕎麦を食べているような感覚をこの装いから感じています。

意味不明なことを話しているみたいですが、この装いを都会でお召いただけたら、タイムスリップした感があって、人肌の温もりある着こなしとなるのではないでしょうか?

 

こちらの2点は明日までの涙市価格となっていまして、紅花紬は330,000円の品が154,000円となっていました、紫の紬八寸帯は198,000円の品が165,000円となっています。

 

好みもあるでしょうが、明日まで秋冬物もお安くなっているので参考にされてください。

 

明日の午後7時で涙市が幕を閉じますが、会が終ればその後始末と翌月の店作りの段取りが待っています。

店を切る守するということは、気持ちが休まらないことを意味することだと割り切らなくてはなりませんが、少しだけ体を休めたいと思うこの頃です。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ