男物の浴衣

 

今日の投稿をミスってしまって、もう一度初めからやり直し。

オッチョコチョイはいくつになっても直りませんね・・・・・・

 

時間があまりないもので、詳しく書けるかわかりませんが男物の浴衣について書いてみます。

 

2008_0606otokomononoyukata.JPG

ここにタイプの違う男物の浴衣生地があります。

片方は躍動感がある浴衣らしい品と、もう片方は着物らしい大人の浴衣。

 

双方との角帯 (かくおび) を合わせコーディネートしてみました。

 

2008_0606お花0002.JPG

自宅で浴衣を着てリラックスしたいときには、左側の兵児帯 (へこおび) がふさわしいと思います。

 

2008_0606otokomononoyukata1.JPG

この浴衣は竺仙の男物で、色が違うリバーシブルの角帯を合わせてみました。

 

浴衣のお値段は、オーダーメイド仕立を加え ¥37,300  (綿100%)

角帯 (撫松庵)・・・・¥10,290 (ポリエステル100%)

 

2008_0606otokomonoyukata2.JPG

このらは十字絣の素朴な三勝染めの浴衣で、夏の着物としても着ていただけるお品です。

 

浴衣のお値段は、オーダーメイド仕立を加え ¥28,400 (綿70%・麻30%)

角帯 (本筑博多帯)・・・・¥29,400 (絹100%)

 

とりあえずここまで書き込むことが出来てホットしています。

 

日本には、ほぼ同じく位の男女がいつにもかかわらず、着物となると女性物ほど男性物が動かないのが不思議でなりません。

男物の着物に面白さがないからかもしれませんが、夏が近づくと若い方を中心として注目され始めるる浴衣。

浴衣を手軽に覗くことができる量販店でお選びになられる方も少なくないようですが、オシャレにこだわるのであれば、なんといっても着物専門店がよろしいのでは。

 

充分な内容を書くことが出来ず、この続きは日を改めて・・・・・・・

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif  
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ