色を重ね合わせる着物のコーディネート・加賀染めの手描き小紋

2008_0922komonnwoko-dhine-to0011.JPG

加賀染めの手描き小紋を奇麗な色の名古屋帯でコーディネートしてみました。

華やかな袋帯や光沢のある箔使いの名古屋帯も清楚な感じに仕上がりますが、ここはあえてカジュアルっぽい雰囲気に・・・・・

 

帯はつづれ織りに似た技法で絵画的な表現が出来る すくい織りのお太鼓柄、

軽くて締めやすいのが特徴です。

 

ピンクに爽やかなグリーン、小さな柄に大きな模様の帯、

とてもフレッシュで、色・柄の強弱があり可愛いですね~

 

着物は帯が決まれば、これで安心というものではありません。

 

色を重ね合わせることで成り立つのが着物のおしゃれです。

ここまでのコーディネートに帯締め帯揚げを合わせてみました。

 

2008_0922obisimeobiage0022.JPG

私が選んだ小物はこれ。

帯締めは着物のピンク色のグループに入るパープルに、ほのかな水色が入っています。

帯揚げは光沢のある素材の薄いたまご色で、ここにもピンクとブルーの色が・・・・・・

 

着物と帯に、この色を重ねてみました。

 

2008_0922komonnwoko-dhine-to0015.JPG

いろんな色が絡み合い、一つになったと思います。

いかがですか・・・・・・

 

このコーディネートは、お客様の好みを聞かないで合わせたものですが、色の合わせ方は無限にあります。

合わせ方で、派手にすることも出来れば、その反対の雰囲気に仕上げることも可能です。

そこには色のつながりというものが存在していて、単に色を重ねることで壊れてしまうオシャレもあるんですね・・・・・・

 

だから色を重ね合わせるコーディネートは難しいんですね~

 

もうしばらくすると袷物の季節が訪れます。

袷物は秋、冬、春と続くだけに、一枚の着物を帯や小物を変えて着物の表情を変えてみるのも楽しいものです。

その折には、安心できる専門店さんでご相談されることをおススメします。

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif 

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ