心が伝わる和の紙「葉書と便箋」

 

私の店にはさまざまな和物雑貨を品揃えしています。

風呂敷とかちりめん雑貨とか、古布のお細工物もあればお香など、こだわった品をセレクトしていますが、あまりこのブログで紹介することがありません。

 

そこで、今日はその中から「和の紙」から作られた『葉書と便箋』を紹介してみようと思います。

 

2008_0927お花wasinohagaki0004.JPG

とても色鮮やかで素敵な模様でしょ・・・・・

ハンドメイドで作られた和の紙の手刷り葉書なんですよ。

葉書で使うのがもったいない方には額に入れて飾るのもいいかもしれませんね。

 

相手に心が伝わる品だと思いますよ・・・・・

上段のベースに色が付いているUMAT・SUBAKI・SAKURAは一枚¥210。

そら豆・ハートは一枚¥189で、その他にもいろいろ揃えています。

 

プレゼントの品にハートの葉書を添えて送るのも素敵ではないでしょうか・・・・

白いハートのとことに一言書いてネ。

これっておじさんの発想かな~

 

2008_0927wasinohagaki0006.JPG

こちらも手刷り葉書です。

このタイプだと文字を書き込むことができます。

右の2点は年賀状としても使へます。(丑のはしご・松に鶴)

一枚¥189のお品です。

 

手刷り葉書は全てミミ付きになっています。(ギザギザが残っている)

 

2008_0927wasinobinnsenn0012.JPG

こちらはまことに風流な和の紙の『便箋』です。

いろんなタイプがある中で今日はこの2種類をアップしてみました。

左側は美濃和紙のメーカーの品で抜笑紋(ぬきえもん)シリーズの覗きうめという商品です。

紙が梅色っぽくなっていて、ポイントに覗きうめが入っています。

20枚綴り・A5サイズで¥365・・・封筒は5枚入りで¥365です。

 

そして右側がいつも印刷をお願いしている会社のオリジナル商品で、越前和紙で仕上げた書物箋、30枚綴れで¥525の品です。

サイズが小振りであることから、文字を多く書かなくてすみます。

それと周りの縁取りが本のようになっていて、作家になったみたいな気分で書けるんじゃないかな~

私はこのようなタイプが好きですね~

 

こうして毎日パソコンで私のひとり言をかいていますが、筆ペンに持ち替えてこの便箋に書くと味が増して内容までのがレベルアップしたように感じます。

 

最近は便利な電話やパソコンがあるもので字を書くことが少なくなってしまいましたが、なんといっても心を相手に伝えるのは手書き文字です。

「ありがとう」の一文字でもいいからこのような葉書や便箋で素直な気持ちを伝えてみませんか・・・・・

受け取った側の気持ちを考えると字が上手でなくても嬉しいものですよ。

 

日本の風情というものはなんといいものかと鈴虫の鳴き声を聞きながら記事を書く私でした。

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ