この店が存在する意味・そして春の支度に行ってきます

 昨日は失礼致しました。

5日間に及ぶ「決算の会」の感想を書いたのに、書き上げたかと思っていた時に記事が消えてしまいガッカリ。

時間も遅かったものでご来店いただいた方々に感謝の気持ちを伝えることができませんでした。

 

一日遅れましたが、炎天下の中足をお運びいただきましてありがとうございました。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

今回の会を振り返ると、もっとも人気があった商品はこの時期に着る浴衣でした。

それも反物で、仕立てが必要なことから仕立て士には随分無理をお願いしているところです。

 

これも夏祭りや花火大会などのイベントが開催されるからで、ひと夏を和文化に触れて楽しみたいと思っている方が浴衣と繋がるのではないかと考えています。

 

そしてその風は、呉服店が少なくなったことで、いろんな方が尋ねてこられます。

量販店で満足できない方、こだわりの商品があると紹介されて覗きに来られる方、馴染みのお客様が新しく新調したいといって相談にこられる方、お客様の想いはさまざまですが、共通して言えることが一つあります。

 

それは「私を着物美人にして欲しい・・・」、そのような願いが聞こえてきたことです。

つまり、割引率を優先して浴衣選びをする方が極めて少ないということです。

 

その想いは浴衣だけではありません。

絹の着物や帯でも同じで、お客様の想いが責任の重さになり、お客様に素敵な装いを提供することが店の使命であることを改めて感じました。

だから、苦しめられることも少なくありません。

 

決算の会は、私が目標としている金額には届きませんでした。

しかし、店の役割が見え始めて来たことは、違った意味で大きな収穫があったと考えています。

 

着物をおしゃれに着たい、綺麗な女性になりたい、今はそんな時代です。

その想いに応えられる店が、着物に関心を持っている方に指示されるのだと思います。

 

その意味では、自分にできることはまだまだあります。

志を高く持って、何度転んでも諦めない自分でいたいと、言い聞かせる私です。

 

 

009norenntennnokannbann.JPG

そして、店頭には新しい看板が立ちました。

「春夏秋冬のれん展」です。

 

今日は展示会の華やかさからは一転して、会場の後始末に追われる一日でしたが、8月は和のインテリアにこだわってみたいと思っています。

 

会の準備はこれからですが、新鮮な気持ちで取り組めるよう、工夫してみたいと考えています。

 

 

tukimeiniti.JPG

それと今日はお母さんの月命日でした。

次女の結婚と無事に会を終えることが出来た報告をしてきましたが、この暑さにお母さんも根を上げていることでしょう・・・

 

たっぴり水をかけて来ました。

 

お母さんと過ごした夏休み、忘れることがありません。

もう一度お母さんと信州に行きたかったな~

 

無念です。

 

20代の時を思い出しながら合掌・・・

 

 

そして明日は朝起きをして京都へ向かいます。

 

一番に向かう先は、木目込み人形のお雛様展ですが、全国から私のような小売店が、会場が開く9時前に並ぶから驚きです。

 

古布を使った人形だけにオープンと共に争奪戦が始まり、熱気は夏の炎天下以上になります。

気持ちをリセットして、素敵なお雛様を選んでこれたらと思っているところですが、もう一か所伺ってみたい店があります。

 

それは12月にお客様と一泊で南座である顔見世に行く予定をしていますが、京都観光もすることから候補地にある食事処を見てこようかと思っているんですね~

 

とにかく暑い一日になりそうです。

 

昨日記事をアップできなかった分、無理して二日分書かせていただきました。

 

それでは皆さんお休みなさい。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ