ウィンドーは店の宝石箱・そして空が語りかけていた一日

 空の青さは心を豊かにしてくれるます。

春だからかもしれませんが、一日がゆっくり流れ、沈む夕日に静かな時間を感じました。

 

しかし現実は月末に向かい始めていて、次の段取りに入らなくてはなりません。

 

5月の売り場作りに、浴衣商戦をに向けての品揃え、そして情報紙作り。すべてが早々に取りかからなくてはならない仕事ばかりで、穏やかな天気のようにいられない事情がそこにあるのかもしれませんね。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

展示会の後始末もようやく一区切りついて、普段の店の戻ろうとしております。

 

 

004misenouinndou2023nenn5gatu.JPG

ウィンドーも初夏へと向かうディスプレーに・・・

 

人が行き来する場所でないもので、効果的なウィンドーとは申し上げにくいところがありますが、ウィンドーは店の宝石箱だと考えている私には、とても重要な意味を持つ空間です。

 

そして、娘たちがここに並び、このウィンドーから店内のディスプレーが変わり始めます。

 

話は変わります。

 

夜の9時近くに空を見上げると、夜空に朧月(おぼろつき)が・・・

 

「朧月」)とは、春の夜のほのかにかすんだ月のことを言うそうですが、ある本を引っ張り出してその意味を調べてみました。

 

「朧」とは、ぼんやりかすんで様子。

春の夜の霞(かすみ)を言う時に使われることが多いとか・・・

 

着物業界には、「朧染」(おぼろぞめ)という染め方があります。

ボカシ染の一種で、江戸時代に京都の紺屋新右衛門が、朧月を見て考え出したと言われています。

 

~菜の花畑に入日(いりひ)薄れ 見渡す山の端(は) かすみ深し~

これは「おぼろ月夜」の一節ですが、故郷の風情と優しさを感じさせられる歌詞です。

 

朧月の菜の花畑を言葉にしたものだと解釈していますが、いろんなことが駆け足で過ぎていっただけに、朧月の優しさに心引かれたのかもしれません。

 

私を包みこむ空は、静かな心を忘れないようにと、シグナルを送ってくれていたのかな~

 

明日も忙しい一日になりそうですが、穏やかでいられる私でいたいものです。

 

それでは今日はこれにて・・・

お休みなさい。

  

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ