松竹梅の模様で訪問着を品よくコーディネート・そして存在価値を探し続ける日々

 休みなく駆け抜けた10月を終えて、気持ちが軽くなったのかネジが緩んでいます。
次の目的地に向かって動き始めなくてはならないのに、ボーとしてしまって何もしたくありません。
こんな日もあっていいと割り切っていますが、このツケが仕事の段取りに響かなければいいのですが・・・
朝から温かな日でしたが、午後から雨が降り始め、外は憂うつな天気になりかけています。
この時期は、雨の先に冬が潜んでいるだけに、寒さ対策をしておかねばなりません。
温風ヒーターと灯油、それに厚手の室内着も準備し寒さの備えを済ませたところです。
日本には四季があって、私たちの心と生活を豊かにしてくれますが、日本海側の荒れる空が目の前に来ているかと思うと気が重くなります。
それでは投稿です。
silyoutikubainogaranohoumonngi.JPG
清楚な訪問着のコーディネートをここにアップしてみました。
若い年代層を意識して帯を合わせてみましたが、11月の七五三のお参りや、新年の催し事、春には入卒など、お母さんの装いとして品格のある着物ではないでしょうか。

何気なくコーディネートしたかに思えるかもしれないが、着物と帯に共通項があることがお判りになりますか?
silyoutikubaigaranohoumonngi.JPG柄は吉祥紋様として代表的なお目出度い「松竹梅」が描かれています。
silyoutikubaigaranofukuroobi002.JPG
帯も松竹梅で、同じ模様のキーワードでコーディネートしたものです。
なので、結婚式の披露宴などにも意味を持つ着こなしと言えます。
これが古典柄の着物で、流行に左右されない品の良さがあるのではないでしょうか?
おしゃれを楽しむ着物とはいえませんが、カジュアルな街着と使い分けて着こなすことも大切かと思います。
参考にしてみてください。
さて、明日は文化の日で休日が続きますが、3連休の方が羨ましく思います。
私に連休があるのはお正月とお盆休みで、すっかり仕事人間になってしまいました。
妻がいたら呆れているに違いありません。
今では仕事も趣味の領域に入っていて、いろんなことを想像しながら仕事をすることが面白くてしかたありません。
それでいて成果を上げられずにいますが、お客様と触れあうことで もっと自分に出来ることがあるのではないか?
そなことを考えていると、余計なことを考えられなくなっているのかもしれません。
ここに店と私の存在価値を見つけだそうとしている気がします。
理解できないかもしれないが、休みがなくても苦にならないんですね~
これも一人身だから成せることなのかもしれませんね。
それではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ