オシャレな装い・ちりめんの染め帯でシルクウールをコーディネート

 今年初めて穏やかに晴れ渡った一日でした。
冬のご褒美みたいな気分で過ごすことができましたが、お越しになられるお客様は新年の挨拶が主で、和やかに時間が流れた店内でした。
ここしばらく、お正月気分が抜けきれないままに日が過ぎていくのでしょうが、世の中は「今日から仕事始め」。

徐々に体を仕事モードに切り替えていかねばなりませんが、いよいよ苦悩の一年が始まります。

気持ちを切り替えて頑張らなくてはいけませんね。



初売りに取り上げたウール着物の提案ですが、お客様のピントが合わないのか心を動かす方が少なくて調子が出ません。
ウールの魅力をご理解していただければと思って、ここに、名古屋帯でおしゃれな着こなしを表現してみたのでご覧ください。


DSC_0006u-ruwoosilyareniko-dhine-to.JPG
それがこちらのコーディネートです。
楽しい気分になれるかと思いますが、着物は白地のシルクウールなんですよ・・・
このようにお太鼓柄の名古屋帯を合わせると、ウールの着物とは思えないくらいに素敵な装いになるでしょ・・・

白地にピンクの縞柄が入った織物の着物で、半幅帯でラフな着こなしも面白いかもしれませんが、着物のグレードを上げてみたい方には、こちらのようなちりめんの絞り染めの帯で紬っぽく着こなしてみても素敵かと思います。
アドバルーンの帯の柄が面白さを誘います。
DSC_0011u-runokimonowoko-dhine-to.JPG
帯〆帯揚げの色合わせも肝心ですが、このようにしてコーディネートがまとまればウールを身に着けているとは思えないほどにオシャレを楽しむことができます。
合わせ方のポイントの一つとして、帯の素材に照りがないものを持ってくるとコーディネートがシックリくるかと思います。
どうですか、ご覧になられて違和感がないでしょ・・・
ここでお伝えしたいことは、こちらの着物がオーダーメイドの仕立を加えて42,000円ほどで、手にすることができることです。
着物初心者でオシャレを楽しみたいと思っている方は、ここからチャレンジされてみては・・・
そのような動機から、ウールを取り上げております。
今週10日まで取り上げているので、参考にしてみてください。
ところで、今日も商工会の方に来てもらってパソコンの使い方を教えていただいたのですが、機種に慣れないもので手間取っております。
使いこなせば慣れるのでしょうが、何をしてものろまで時間がかかります。
避けて通れないおじさんのハードル、これで、ネット戦略を目標としているのだから思いやられそうです。
それでは今日はこれにて・・・
おやすみなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ