おしゃれな着物コーディネートをバックと共に組み合わせてみました

 明日から再び冬型に戻るようですが、今日はは気温が14℃近く上がり4月上旬の暖かさだったみたいで過ごしやすい一日でした。
雪の降りは初めが例年より一月近く早かったもので、ひょっとして春が来るのも、一月近く早まるのではないかと期待を寄せていますが、何事においても考えているように動かないのがこの世の中です。
今朝もお客様のお見分け品が見送りになりましてね~
なかなか歯車が合わない1月となっていますが、このようなことは商売には付き物だけに焦らず身構えたいものです。
いいことも悪いことも、事あるごとに「リセット」の言葉を口癖のように呟きつつも、進むべき道を探ることに集中させています。
され、今日はおしゃれな街着の着物をコーディネートしてみたのでご覧ください。
DSC_0013tumugiwoosilyareniko-dhine-to.JPG
映像の色を正確に出し切れていませんが、ベージュ系の紬地を飛び柄の小紋に染めた着物です。
その着物にグレー地の無地感の織帯を合わせて小ざっぱりとした装いにまとめてみましたが、どことなく着物通って感じを味わっていただけるのではないでしょうか?
主張するものが少ないのもおしゃれの仕方で、ご本人の顔立ちが浮かび上がる着こなしかと思います。
ここに詫び寂びを着こなす女性がいて、そのさりげなさに魅力を感じています。
この装いに季節を伝える帯留めが入ると素敵でしょうね~
DSC_0015osilyarenabaltugu.JPG
そして砕けた形のバックで凛とした装いに面白さを表現してみました。
とても個性的かと思いますが、形は餃子型でパッチワークで作られた品なんですよ・・・
DSC_0019osilyarenabaltugu.JPG
このバッグにはバラをあしらった可愛い女心を忍ばせています。
贅沢な遊びがあって着物でのお出かけが楽しくなるかと思います。
街着だけに自由な合わせ方があっていいと思いますが、帯を無地にして個性をバックに持ってくるコーディネートも一つの合わせ方です。
映像で楽しんでいただけたなら幸せに思います。
世界を視て、このような生活を送れることを幸せに思わなくてはなりませんが、現状に満足できないのが人間というものです。
小金持ちになりたいとか、注目されたいとか、天井知らずの欲望が心の中に住み着いているからだと思います。
だから踏み出さるのかもしれないが、歪んだ精神の下での自由に危険がいっぱい潜んでいることを知らされています。
人によって、立つ位置で自由の視方や考え方が変わるのでしょうが、争い事が少なくなる世界であって欲しいものです。
それではこれで閉店とさせてください。
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ