モノトーンの色の使い方が上品なおしゃれな着物コーディネート

 台風が日本に接近しているようですが、北陸の空は太陽の陽射しが眩しく気温も高くなっていたのではないでしょうか?
しかし見上げた空は秋を匂わす澄み渡る青い空で、張り出す雲もどことなく力強さを失っていたように思えました。
お盆が明けて一気に秋の気配を感じさせるこの頃で、店内も秋の陣に備えてはいますが、来客も少なく緊張感に欠けたところがあります。
しばらく我慢の日が続くのかもしれませんね。
DSC_0010osilyarenakimonoko-dhine-to.JPG
ここに万筋(まんすじ)柄の江戸小紋を黒地の帯でコーディネートしてみました。
万筋とは縞柄のことで、遠くからは見ると無地の着物になって見える小紋柄で、帯の合わせ方でセミフォーマルの装いうになりますし、おしゃれな帯を向かわせるとおしゃれ着にも装いを変える重宝な着物です。
お茶席などの習い事に活用させている方も少なくないかと思いますが、映像にある帯を合わせるとモダンさが増すでしょ・・・
きもの通の香りを放つ、女性の色気のようなものが伝わってまいります。
まず目に入るのは着物と帯のコントラストの温度差で、派手な色ではないのに、目に飛び込む力強さとでも表現したい、大人の派手さがあるのではないでしょうか?
DSC_0011sisilyuuobi.JPG
そしてお太鼓に描かれた抽象的な模様を白と金の刺繍で、円を描いて一つにまとめた図案。
まさにオンリーワン模様で大人の魅力を引き出しています。
モノトーンの色の使い方が上品でおしゃれだと思いませんか?
どこか憧れるところがありますが、秋の単衣の装いとして提案したいと考えています。
勿論袷にも対応出来うる着物と帯ですが、残暑が残ろ季節に、このような着こなしの女性を目にしたら言葉を失うかもしれません。
それくらい魅力的な装いだと私は思っています。
ここに紹介した着物と帯は東京の仕入れ先の商品で、このあっさり感が私は好き何ですね~
無地感の着物に合わせる帯で、女性の心を染めるコーディネート。
この秋もこだわってみたいと思っています。
ところで、毎晩、平和という穏やかな社会からかけ離れたニュースが飛び込んできますが、「どうしてこうなるの?」と、その真相を探ってみたい気持ちに駆られています。
それは大阪の事件に限らず隣国で起きている現実にも、やるせなさを感じていますが、被害者はいつも弱者。
人間としての常識はどこへ行ってしまったのでしょうか?
考えさせられる昨今です。
それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ