歌舞伎を題材にした「奴凧石橋凧」の古布の木目込み人形・そして物作りの難しさを味わっています

♥ 店は10月から新しい年度が始まり、事務的業務や新しい店の設えなど消化しきれない仕事の山に音を上げておりますが、一日の〆の仕事はブログ投稿でもあり、頭を切り替えてパソコンを動かし始めたところです。

決算の締日が終わると店に届き始める商品といえばお正月飾りで、新しいコーナーを設けなくてはならないと思っているところですが、今日はその中から歌舞伎にちなんだユニークな木目込み人形を紹介してみたいと思います。

DSC_0007kimemomininngilyouyaltukoisibasidako.JPG
古い着物生地を使った奴凧石橋凧(やっこだこしゃっきょうだこ)というものです。

力強い人形で日本文化を伝えるものではないかと考えています。

歌舞伎ファンのみならず勢いのある表情に惹かれるものがあるのではないでしょうか?

DSC_0009kimekomininngilyoutaltukodako.JPG

こちらが奴凧でです。

DSC_0014kimekomininngilyouisibasidako.JPG

そしてこちらが石橋凧(しゃっきょうだこ)というもので、たくさんある歌舞伎舞踊のジャンルの1つに、「石橋物(しゃっきょうもの)」というのがあります。

もともとは、能の「石橋」から題材を取ったもので、別名「獅子物(ししもの)」とも呼ばれるそうです。

人形の高さは13㎝くらいで、お正月飾りとして活用されてもいいし、季節感がないためにいつでも楽しめるのではないでしょうか?

お値段は対で税込37,800円となります。

玄関先に飾ると訪問者の心に焼き付く木目込人形ではないかと思っていますが、古い着物生地を使ってるためにオンリーワンの衣裳で仕上げているも付け加えさせていただきます。

さて、話は変わりますが、ここ数か月、加賀友禅のオリジナル染帯作りに試行錯誤しておりましてね~

ご紹介いただいた加賀友禅作家さんに幾つか図案を描いていただいているのですが、私のイメージするものとは開きがあって物作りの難しさを味わっております。

埋まらない距離をどうしたものかと思っていた時に、商工会の職員さんからデザイナーさんを紹介されて、図案作りに力を貸していただこうかと思ったら、これが私の想像を遥かに超える価格にびっくり!

世間知らずとは私のことで恥ずかしい思いをしました。

そこで振出しに戻って、この図案作りをどうしたものかと染色関係者と相談しているところで、考えの甘さに打ちのめされているところです。

これまで作られた商品をあれこれ批評する立場のものが、白紙の状態から物を創り出す怖さというかリスクに踏み出す勇気を失いつつあります。

とわいうものの まずはひと柄、加賀友禅作家さんに楽器柄の図案を描いてもらっているところで、この先が思いやられそうです。

ロマンと現実を行ったり来たり。成し遂げた人の情熱の熱さに気付く私です。

それではこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ