エレガンスな白地の訪問着をコーディネート・そして新聞社の記者が届けてくれた嬉しい出来事

  長女から夕食の招待があって、投稿準備が遅くなってしまいました。早速今日の投稿に移りたいと思います。

今月の17日に地元の北陸中日新聞社さんが店の発行している情報紙「あ・うん」を記事にしてくださったのですが、その時に取材をしていただいた記者が、本社となる名古屋地区の夕刊に載せることになり、もう一度、話を聞かせて欲しいと言って店を訪ねてくださいましてね~

記者さんのお顔を拝見した時、単なる様子伺いでお越しになられたくらいに思っていたので、その話を聞かされてビックリするものがありました。

こんな小さな店を採り上げてくれるなんてとても光栄なことで嬉しさもありますが、私の店でいいのかと思うところもあって複雑な気持ちでいます。

だって、何かを成し遂げた訳でもなく、自慢できる業績を上げている訳でもありません。

毎日が同じ繰り返しで、厳しい現実の中でかすかな喜びを探して仕事をしているだけの平凡な店なのに、それでいいのでしょうか?

一方で、スポットを当ててくれようとしている新聞社がいて、天に昇るような自分がいることに気づかされます。

きっと、亡き妻が頼りない自分を見かねて、後押ししてくれているのでしょう・・・

不思議なご縁を感じてなりません。

取材を受けたからと言って何かは変わる訳ではありませんが、少なくとも自信をいただけたような気が致します。

「もっと頑張りなさい!」という、シグナルをいただいたのかもしれません。

その意味でも、自分を戒めないといけませんね。

それにしても驚かされました。

DSC_0007sirozinohoumonngiwoko-dhine-to.JPGこちらの映像は現在開催している「15万円以下の着物や帯の会」に出品している白地の訪問着をコーディネートしたものです。

古典的な模様に金の霞柄を加えたエレガンズさが漂う訪問着で袋帯も格調があって素敵でしょ・・・

パーティーの席にお召しになられると、着姿が映えるでしょうね~

白っぽい着物だけに汚れから着物地を守るガード加工を加えることをお勧めしたいものです。

それにしても、着物も帯も15万円以下だなんて信じられないでしょ・・・

この会は28日(月)までの開催となります。

IMG_0402sukiyaki.JPG今日は追加でこの写真をアップさせていただきます。

これが長女の自宅ですき焼きを囲むワンシーンで次女も来ていまして騒がしいひと時でした。

毎日一人で食事をしているからでしょうはが、すき焼きは久しぶりのこと。

二人の孫もはしゃいで少しもじっとしていませんが、その姿を見ていると幸せそうで、嫌なことも忘れさせてくれる魔法使いのようです。

私には良い気分転換になったみたいです。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ