2017年度の新作浴衣の発表会にて「店作りの別れ道」があることを感じました

   時の流れるのは早いと実感させられる浴衣の受注会が市内の仕入れ先でありました。

県内で開かれている会だったもので、娘の意見も聞けると考えた私は、長女を連れて見に行ってきたのですが少し考えが甘かったみたいです。

というのも、孫も一緒だったもので孫に気を取られてしまいましてね~

IMG_0537sinnsakuyukata.JPGその話は脇に置いといて、毎年、浴衣需要を盛り上げているのはなんといっても20代~30代が中心となっていて、その着こなし方も個性的になってきているもので、何を選択したらいいか迷うものがあります。

ましてや、量販店や異業種も浴衣を取り扱い始めていて、競争が激しくなっていることに気づかされています。

それだけに経営センスが問われる訳ですが、拝見してみて、浴衣が専門店さんの領域を超えた目立つものありきと言わんばかりのものが多くて、どうして馴染めません。

ここが店作りの別れ道。

娘も商品を選ぶことの難しさを語っていましたが、どのような店を創っていきたいのかをもう一度振り返り、その枠組みに入るものを選択しないといといけないと感じた会でした。

話は変わりますが、大変有名な全国紙の雑誌社から私に店の商品を載せてみないかとのお誘いをいただきました。

そこには掲載費というものが付いて廻るものですが、私にはそこまで勝負する度胸を持ち合わせておりません。

雑誌に載るということは経営者として憧れるものがありまして、もしかしたら、さよなら満塁ホームランが打てるかもしれないと思って過去にいろんな雑誌に広告宣伝費だと割り切って店の商品を載せたことがありましたが、実を結んだことがなくて懲りているです。

商売ってそんな甘いものではなことを経験しているだけに、広告というとアレルギー反応がありましてお断りさせていただいた次第です。

もしかしたら、ここにも店作りの別れ道があるのかもしれません。

頭のいい経営者は広告を生かす力を持っているのでしょうが、私にはその能力を持ち合わせていないようです。

遠回りでも、経費を抑えてこうしてコツコツとブログ記事を書くことで、店のことを知っていただける機会になるのなら、時間を使って信頼を高める努力をしたいと思っています。

もたもたしていることに歯がゆさを覚えていますが、いつか実が育つことを固く信じる私です。

臆病な自分がいて、それを隠すために努力する自分がいる。

その二人が心の中で綱引きをしていて、想いが勝っていたから今日まで来れたのでしょう。

長年商売をしてきて、経営のあり方に選択肢が数多くあることを知らされています。

失敗を山積みのように重ねても、何が正しいのか判るものではないだけに、信じた道に想いを乗せて踏み出すことを言い聞かせたいものです。ね

それでは、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ