古ちりめんの木目込み人形「花嫁さん」に一目ぼれ・責任が重たい仕入れ係の迷い

   涙市に引き続き和雑貨半額市をやろうとしていて、仕入れ係としては、その役を降りなければならない立場にいるのではないかと思うところがありましてね~

そのことを引きずりながらの京都出張となった訳ですが、京都へ向かうために電車に乗り込み、車窓から目覚めたばかりの田畑や家並みを眺めていると、心の中で呟く声が聞こえてまいりました。

 どこへ向かいたいのか?
    何を手にしたいのか?

 いつも迷っていて、その答えを見つけ出せないでいる。

 掻き集めた全財産が1万円しかなかったら、その1万円を持って京都に向うことができるのか?
   それとも背に腹は代えられないといって食費に使ってしまうのだろうか?

   40年あまり走る続けてたどり着いた小さなステーションに私はいる。

 そこには、その先を繋ぐ案内表示がいくつもあって、それが目に入る。

 どうしょう。
 引き返そうか?

 見たことのない世界は実に気力的だ。
 何も考えずに新しい世界へ向かうことだってできる。
 だけで、1万円ぽっきりではたどり着けない世界だ!

 どうしよう・・・

 ホームに立っていると電車が止まり、目の前で扉が開く。
 背中を押すものがいて、乗り込むと扉が閉まり走り始めた。

 アナウンスが入り京都に向う電車だった。

 それでいい・・・
 それでいい・・・

 これしかないと諭すものがいて、それを受け入れる自分がいる。

 仕入れ係として手にした1万円の重みを嚙みしめ、もう一度チャレンジしてみよう。

 後は何とかなる!

 京都行の電車に乗り込めたことを良しとしなければならないのだろう。
 これでいい・・・

 足を踏み入れてから考えればいい・・・
 考えるのはそれからだ!

いつしか深い眠りに入っていましたが、仕入れ係として秋から春にかけての商品のセレクトを目的とした出張で、いつもと変わらないはずなのに、ここしばらくの商品のプライスダウンに自信を失くしていまして、もう一人の自分が語りかけてきたのでしょう。

IMG_0926kofunohinaninngilyou.JPG恒例となっている古布の雛人形の新作発表会。

前回の店内での雛人形展が不振だったために、お雛さんの仕入れを最小限に控え、その代わりと言っては何ですが、他の木目込み人形を選んでまいりました。

IMG_0924kofunohanayomesann.JPGその一つが古布ちりめんの「花嫁さん」

正面に立つ黒留袖を着た人形です。

IMG_0928.JPG花嫁の文金高島田(ぶんきんたかし まだ)に癒されるものがあり店の来てもらうことにしました。

他にも、目新しい商品を用意することができましたが、果たしてそれらが店の客層に合ったものなのかは、これから試されることになるでしょう。

仕入れ係として、とてもプレッシャーを感じさせられた一日でした。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ