お客様のご注文で作らせていただいた「鳥獣戯画の麻のれん」・そして思い通りにならない「夢心地」

鳥獣戯画の麻のれん

何をしても仕事がのろいもので、10月に予定している「結城紬展」の販促物の構成を終えることができません。

ハイテクの時代に何をやっているのだと笑われてしまいそうですが、販促物を慣れないカラーで印刷したいと思っていまし、商品の映像を撮りこみや構成のレイアウト、そして文字を手書きで書いているもので、字を間違えたり、表現法が的確なものでないことに気づかされたりして、呆れるくらいに紙を使って書き直していましてね~

 

なので、気力が持ちこたえられる日は、ブログ投稿後にギアチェンジをして、構成をやり直したりしていますが、なかなか納得できるものが作れずにいます。

力不足を棚に上げて言うのもなんですが、手作りは根気のいるものですね~

それは着物の世界でも手作りは時間がかかるもので、採り上げようとしている本場結城紬とかぶるものがあります。

私が作ろうとしている手作りの販促物と本場結城紬ができるまでの時間と技を比較してはなりませんが、要は、作ろうとしているものに対して、どれだけ心を移し込むことができたかということではないかと思っています。

 

合理的な考え方ではありませんが、心を動かす方が必ずいると信じて使う時間は、夢を買う行為ではないでしょうか?

思い通りにならないと天を仰ぐのも、「夢心地」だと思える器でいたいですね。

もう少し販促物の制作に時間を使わないとなりませんが、夢心地は会が終わるまで続きそうです。

 

 

鳥獣戯画の麻のれん
鳥獣戯画の麻のれん

今日もまたオーダーメイドで作っていただいた鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)の麻のれんが店の届きました。

月夜に戯れる表情が表現されているでしょ・・・

 

お客様と世間話をしていたときに、雑誌で鳥獣戯画ののれんを目にされたようで、店で取り扱いがあれば欲しいことを何気なく話されていましてね~

同じものは用意できないが、仕入先でオーダーメイドで作れる先があることを話すと、作って欲しいと言われたもので、仕入れ先に巾90×長さ150㎝の大きさに合う鳥獣戯画の図案を提案してもらって、お客様の確認を得てから手描きで作っていただいたものです。

 

 

鳥獣戯画の麻のれん
鳥獣戯画の麻のれん

 

出来上がったことを伝えると、すぐに見届けに来てくださいまして、こののれんを見るなり、表情が豊かで頼んでよかったと大変喜んでくださいましてね~

その方は、私がブログで店の商品を紹介していることを知っていまして、
「他にも欲しい人がいるかもしれないから紹介してみては・・・」

気心が分かりあえるお客様で、ここに紹介させていただきました。

 

お値段は税込み¥27,000の品になります。

心に留まる方がいらっしゃれば、気軽に相談してみて下さい。

 

それにしても、おおらかなお客様です。

ありがとうございました。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ