ネットからの珍しい「車柄のきもの相談」・そして孫と過ごした静かな時間

孫の音羽

このブログを引っ越したこともありまして、記事を見てくださる方が引っ越し前に比べて減少していて、それに伴い問い合わせ件数も少なくなっている気がしてます。

ネットからの店作りが頼みの綱だったこともありまして、そのことを気にかけていますが、ネット戦略の対応能力が乏しくて、こうして毎日記事を書くことしかできません。

 

それでも県外の方から珍しい相談が入ってまいります。

10年近く前に紹介させていただいた車柄の振袖の画像を目にされた方からて、車柄の着物を探しているので紹介して欲しいとのメールが入ってまいりましてね~

 

オーダーメイドで作った品であることや、新たに染めた時の販売価格などを申し上げると、お客様のご予算を超えるものだったこともあり、後日、車柄の帯を紹介させていただくことになりましたが、他にも女児の一つ身に合わせる明るいヒワ色の長襦袢を染めて欲しいとの相談もあったりして、着物にこだわりを持たれている方が多くいらっしゃることに気づかされております。

 

そして、その度ごとに、どのようにして対応させていただいたらいいものなのかを一つ一つ積み上げていくわけですが、ここにも限界がありまして、力不足であることを感じずにはいられません。

 

ネットはまことに便利な販売ツールですが、どのようにして店と結びつけたらいいのか、そして出逢いを持つことができた方との距離をもっと近い距離にするためには何を変えたらいいのかを日夜考える私です。

 

こだわりを持つ方が多いことを感じているだけに、急がれる課題かと思っています。

 

とにかく、もの事が円滑に動かないために頭も体も疲れ切っていて、店に寄ってくれた孫と気分転換を図りたくて、近くの公園で二人だけの時間を過ごしてまいりました。

 

 

 

公園
公園

私は芝生の上に大の字になって深く澄みきった空を見つめ、孫に一緒になって空を見ようと言っても、2歳児には聞き分けができる年でもなく、芝生に落ちた枯れ枝だを持って動き回っていました。

 

それでも空を見ながら、空にそして孫にブツブツ呟く時間は遠くで鳥も気にしていたのではないでしょうか?

 

 

孫の音羽
孫の音羽

孫にスマホを向けると、すぐに近づいてくるもので、なかなか音羽の表情を撮らせてくれません。

 

 

孫の音羽
孫の音羽

最も興味を示したのが公園の水飲み場。

 

じゃ口をひねり、空に舞い上がった水が音羽の顔近くに落ちてくると大喜び。

私がトイレに入ればついてきて、便器の横から覗くし、そこで見つけたアマガエルを私が手に取って音羽に近づけると表情は一転して泣きの構えに入るし、二人だけの時間は会話が通じ合わない穏やかなひと時でした。

 

それもつかの間で、店に戻れば現実が待っていて、今日も販促物を作るのに試行錯誤させられた一日でした。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ