お客様に必要とされている店なのかを問いかける時間・そして幸せの証を表現した附下コーディネート

古典柄の附下をコーディネート

爽やかな 秋晴れの日になり、外に飛び出したい気持ちでいましたが、あいにく店は私一人で、その間に終えてしまいたい仕事をこなす一日でした。

出入り口の扉を開けたままにすると、ほどよい風が通り抜け、それが、穏やかに流れるゆったりした時間に思えるものがありました。

そんな穏やかさの中で店内の模様替えもしていたのですが、ふと、思うことがありましてね~

 

お客様の心を惹きつけたくて、さまざまな商品をディスプレーしながら売場を構成しているが、はたしてこのことがお客様に必要とされている店になっているのだろうか?

 

それは、単純な自分に対する問いかけで、揃えた商品を生かしきれていないから来客が望めないのか、それとも、着物に関心がないから来客が少ないのかを問いただすものでした。

 

言葉を替えるなら、商品を無駄使いしているのではないかと思えるものがあり、着物愛好家の役立つ店になっているのかを振り返るものだったかもしれません。

 

問題を探ることができても、答えが見えないから経営者は知恵を絞る訳ですが、物事を組み立ててから事を運ぶ準備がないと、実を結ばないことを自覚しないといけません。

 

その考え方の元に、商品があり販促があるのでしょう。

そしてその先に信頼があるとしたら、努力と心棒(辛抱)がないと届かない世界だと考えています。

 

現実はその事を諭すもので、私にはどこかに甘さがあるのでしょう。

毎日が一歩進んでは半歩下がることの繰り返しで、心も浮いたり沈んだりしていますが、これが経営者に与えられた宿命なのかもしれません。

へこたれないで、自分を信じることを忘れないでいたいです。

 

そんなことを問いかける時間がありましたが、それもつかの間のこと。

着物のメンテナンスを終えた品を取りに来られたお客様が、笑みを浮かべて、

「この店の前を通るときには、ウンドー見ながら心弾ませているんですよ・・・!
私のお気に入りの商品ばかり置いていて、とても相性が合う店だと思っています。」との声。

 

これだから経営者は浮き沈みが激しいのかもしれませんね。

 

ここのところ、ブログが私に日記になってしまっていて申し訳ありません。

最後の目を潤す映像をアップさせていただきました。

 

 

 

古典柄の附下をコーディネート
古典柄の附下をコーディネート

お嬢様向きの附下をコーディネートしたものですが、清楚でありながら、輝く華やかさがあってステキでしょ・・・

こちらの一組をお持ちでしたら、お友達の結婚式の披露宴や、本人のご結婚後の挨拶回り、そしてお子さんがお生まれになれば、七五三参りや入卒用のお母さんの装いとして、広く、人生の節目に華を添えてくれることでしょう。

それは、幸せの証を着物で表現したものだと思えるのですが・・・

私の目線から言葉にしたものですが参考になれば幸せです。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ