水色地の百合柄の夏小紋を白地の七宝柄袋帯でコーディネート

百合柄の夏小紋を七宝柄の夏帯でコーディネート

空青く日差しがサンサンと降り注ぎ、湿度があまり高くなくて気持ちのいい一日ではなかったでしょうか?

少し前から店内のBGMはジャズからバラードに変わっていて、響く女性ボーカルの歌声に乗って旅をしているかのように心地よく時を刻んでいます。

 

静かな店内であることが想像ができるかと思いますが、仕事やコロナのことを忘れてのんびりしてみたいです。

 

そうだな~

秘境の露店風呂なんかはどうだろ~

森林の緑に包めれ夕日に打たれて入る露天風呂は格別だろうな~

 

そんな簡単なことができそうでできないなんて、根っからの貧乏性になっていて仕事のことしか考えられないつまらない人間になっているのかもしれませんね。

 

テレビではコロナの二次感染が話題として取り上げられていて、医療関係者の云っていた通りになり始めたことに驚きを持って見守っているところです。

 

こんなことが繰り返されるようであれば、先の企画を組むことが難しくなるだけでなく、商売そのものの在り方も変えていかなくてはならないのではないでしょうか?

 

考えさせられるものがあります。

 

 

今日は百合の柄の夏小紋を白っぽい夏袋帯でコーディネートした画像を紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

百合柄の夏小紋を七宝柄の夏帯でコーディネート
百合柄の夏小紋を七宝柄の夏帯でコーディネート

 

それがこちらのコーディネートです。

着物は以前にも紹介していますが、涼しげな水色に百合の白い花が爽やかで心を捉え夏物ではないかと思っています。

 

6月ぐらいからお召しいただけるのではないかと思っていますが、合わせる帯としては夏の涼しさを帯で表現するとしたら水色が白地で、着物の地色に映える色であれば白っぽい帯の方が収まりがいいのではないでしょうか?

加えてお着物が花柄なもので、合わせる帯は花柄でない方が装いのバランスが取れていて、白地の七宝柄の袋帯で涼しさと華やかさを表現してみました。

 

 

 

七宝柄の夏袋帯
七宝柄の夏袋帯

 

それがこの帯です。

凛とした華やかさがありフォーマル用の香りをにじませたオーソドックスな帯ではないかと思っています。

 

こちらの袋帯は盛夏だけでなく、6月や9月頃にお召しになる単衣物のフォーマル着にも合わせることのできる帯で、このようなこざっぱりした古典柄の帯が一本あると重宝することでしょう。

 

百合の柄の夏小紋に袋帯を合わせたことで格の高い装いになったのではないでしょうか?

 

パーティーの席にお召しになっていただけたら素敵でしょうな。

 

 

さて、今月も残り二日となりました。

道に迷ったかのように目的としていた地点にたどり着くことはなく、毎日右往左往していた感じがします。

 

月末とはいえ残り二日間あるので、最後にフィニッシュとなる成績を収めたいです。

考えが甘いかもしれませんが最後まで諦めないで頑張ってみたいと思っております。

 

では、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ