古布のお細工物「お雛様の吊るし飾り」・そして雪にうんざりしています

ちりめん細工

同業者にお会いすると、「雪はもういい・・・」

そんな会話から始まります。

 

いっこうに収まることがない雪に呆れている証かと思いますが、今朝も25㎝くらいの新雪が積りましてね~

 

今日は着付け教室の日で、午前10時頃には生徒さんの車が駐車場に入ってくることもありまして、少し慌てました。

 

新雪を車のタイヤで踏むと、圧縮された雪が板状になって路面に張り付き、スリップを引き起こす原因にもなるもので、急いで安全な駐車場の確保しなければなりません。

いつもになく焦る朝でしたが、なんとか必要な駐車スペースを確保することができました。

 

こんな感じで今日も筋トレから始まることに・・・

自然現象だけに文句が言える相手がいませんが、雪に飽き飽きしているところです。

 

この気持ち、雪国でない方には解らないでしょうね~

 

 

今日はちりめん細工で作られた「吊るし飾り」を紹介してみます。

 

 

 

古布を使ったつるし飾り
古布を使ったつるし飾り

それがこちらの幅が72㎝ある棒に提げられた商品です。

ひとつひとつ古布の生地を使って手作りされたもので、それを繋いで玉すだれのように仕上げた癒しのインテリア。

 

中央を境に左右の兎さんがいて、その斜め下に橘と桃の花っぽいものがあることを思うと、桃の節句を意識して作られたものでしょう。

 

しかし、お目出度いものが沢山下げられてるので、招福提げ飾りとも言えるのかも。

 

 

 

古布を使ったつるし飾り
古布を使ったつるし飾り

向って左柄の画像です。

 

 

古布を使ったつるし飾り
古布を使ったつるし飾り

こちらが右側。

 

壁面にタペストリーのようにして飾ってもいいし、お部屋の仕切りみたいな使い方も面白いではないでしょうか?

 

手作り感の味がタップリあって心豊かにしてくれることでしょう。

 

 

 

古布を使ったつるし飾り
古布を使ったつるし飾り

大きさは72㎝の正方形だと思って下さい。

 

作り物の数が53個あって、お値段は税別で¥28,000の品となります。

量産されているものではないので、魅力的な商品だと思っているのですが・・・

 

 

ところで、閉店後にスーパーまで買い物に行って来たのですが、またもや雪がちらついていて、うんざり。

明日で1月が終りますが、雪が話題を占領した月だったかもしれませんね。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ