雪に埋もれていた妻の月命日・そして雪がキーワードになった1月でした

妻の月命日

雪に支配された1月が終ろうとしていて、仕事への影響力がマイナスに働いた月でした。

 

今朝も新雪が10㎝近く積もりましたが、どこのご家庭も寒さと雪で生活を防御する力が働いていて、着物のことを考える余裕がなかったのではないかと思われます。

 

それはお客様から入った電話からも図り知れるものがありました。

 

仕上がった着物をもらいに上がりたい思っていたけれども、道路に残る雪で車の運転が怖くて届けて欲しいとの電話。

今日のことですが、準備をしてお客様のご自宅へ向かうと、雪で車が交差しにくい状況になっていて、道幅の広いところで対向車を見送ってから進むという悪路。

 

お客様のお話では、駐車場からの車の出し入れも困難で外出を控えているとのことでした。

 

そして今日は妻の月命日。

 

今回の雪でお墓が埋まっているのではないかと思って完全装備でスコップ持って向かうと、そこは人が寄りつける場所ではありませんでした。

 

管理人は入ったと思われる、車の後がかすかに残る道を車を押し込むように走らせると、これまで見たことない殺伐とした銀世界。

人が歩いた形跡はどこにもなく、墓地は半分近く雪で埋まっていたのではないでしょうか?

どこに妻がいるのか見分けがつかない状態で、スコップを持ってきて正解でした。

 

いつもの場所に車を停め、雨具で装備を整えてから一歩ずつ足を踏み入れ、この辺りかとお墓の前で雪を掻きわけると、我が家の名前を確認することができました。

 

妻はこの場所で寂しい思いをしていたのでしょう。

 

それからお墓に積った雪を手で払ってみると、お正月に手向けた花がそのままになっていましてね~

この雪で、お墓を管理する人も手を付けることができなかったのでしょう。

 

誰もがこの場所で我慢をしていたことが良く分かるものでした。

生けたお花も水も枯れていて、そのことを知るものは誰もいなく、ただ家族が来ることをひたすら待っていたかのように思えるものがありましてね~

 

ここでも雪透かしをすることとなりましたが、周りの冷たい雪をスコップで取り払い妻の家を綺麗にすることができました。

妻だけが自由を手にしたかのようで、無理をして会いに来て良かったと思っています。

 

 

 

妻の月命日
妻の月命日

雪がチラチラ降っていて多くを語ることがありませんでしたが、私の泣き言は妻に心配をかけるものだったかもしれません。

 

それでも私の中ではスッキリするものがあって、素直になれる場所であることだけは確かなようです。

 

ところで、ようやく数日前から着物相談が入るようになってきていて、2月に巻き返しを図りたいと思っているところです。

 

その始まりは京都出張から始まります。

仕入先に喝を入れてもらいたいと考えておりますが、弱気も強気も心の中にあると思うと、他力本願であってはなりません。

 

妻もそのことを願っているに違いありません。

 

そして今日、銀座のホテルに予約を入れた日でもあります。

過ぎた日のことは忘れて、もう一度チャレンジしてみたいと思っている私です。

 

雪がキーワードになった1月になりましたが、これで閉じることと致します。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ