レモン色の小千谷ちぢみの魅力を引き出すコツ・そして娘の活躍が輝出来事!

レモン色の小千谷ちぢみをコーディネート

今晩はワールドカップで日本代表がコロンビアと戦う日です。

 

楽しみにしていただけに、仕事を早く切り上げて応援したいと思っているところです。

 

日中は夏の日差しで、夏が来たことを感じさせられる一日でした。

 

そこで今日はレモン色の小千谷ちぢみを麻八村でコーディネートしてみることに・・・

 

 

 

 

レモン色の小千谷ちぢみをコーディネート
レモン色の小千谷ちぢみをコーディネート

その組み合わがこちらです。

パステルカラーが際立って可愛い着こなしだとは思われませんか?

 

以前にも紹介させていただいていますが、小千谷ちぢみの格子柄って、意外と少ないのではないかな~

それも色合いがレモン色が7に対して若草色が3の構成になっていまして、単なる格子柄でないところが面白いでしょう。

 

それに全通柄の白地にピンクの格子柄麻八寸でコーディネートしたものです。

 

格子柄着物に格子柄帯を合わせると、格子柄がかぶる気がするかもしれませんが、色のメリハリが効いていて、清涼感も失われていませんし、普段着らしい取り合わせかと思っています。

 

 

 

 

小千谷ちぢみをコーディネート
レモン色の小千谷ちぢみをコーディネート

そして帯〆と帯揚げにブルーを利かすと、これがとってもおしゃれなんですね~

素敵な女性を演出できたのではないかと思っております。

 

 

ここでお伝えしたいことは、着物の魅力を引き出すのは帯で、ご自身にとって100点満点の着物であったとしても、帯の合わせ方でその着物が80点になってしまうことや、満点に止まらず、そて以上の輝きを見せることがあります。

 

更に装いの魅力を引き出すのが帯〆と帯揚げの色の使い方ではないでしょうか?

 

このツボを押さえておかないと、着物を帯の組合せで110点まで素敵な装いに持ち上げたとしても、帯〆の色一つで90点になってしまうことがあります。

 

つまり帯〆の色の使い方で、おしゃれが輝くこともあれば、壊れることがあることを頭に留めておいてください。

この微妙なさじ加減がセンスというものです。

 

勿論そこには着付けの仕方や、着物を着たときの所作も入ってまいりますが、「その着こなし素敵ですね!」と聞けたとしたら、誰もが着物を着て来て良かったと思うに違いありません。

 

店はそんなお手伝いをさせていただきたいと思っております。

 

 

話題は少し変わりますが、店のインスタをご覧になられた方が、アップされた或る商品を見せて欲しいとお越しになられました。

 

娘が店のために始めたインスタを娘に教えてもらって、一月近く前から娘と共同作業で情報を発信しているのですが、お客様が目に留められたのは娘がアップした画像です。

 

その一枚の映像がお客様の心を捉えたのです。

娘の活躍なのに何故か嬉しくてね~

 

初めて来店された方で、娘を交えて打ち解けてお話をさせていただくことができました。

 

情報発信に試行錯誤していたときだっただけに、娘の活躍が輝出来事でした。

感謝しないといけませんね。

 

それでは今日はこれにて・・・

この先は日本代表のサッカーの応援の時間に当てたいと思っています。

 

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ