レモン色の附下をコーディネート・そして店に半年先のレールを引くことの意味

レモン色の附下をコーディネート

今月も荒波に呑まれるように過ぎた7月で、その7月も過去のものになろうとしております。

 

暑さも厳しければ浴衣商戦も厳しくて、思っていたような結果を残すことができませんでしたが、これで物事が終った訳ではないので、次のステージへと駒を進めたいと思っているところです。

 

そして明日は京都出張の日です。

 

京都の仕入れ先では冬から春を見据えた商品の受注会が始まっていて、或る仕入れ先では木目込み人形のお雛様が発表になります。

 

なかなか先が読めない時代とあってついて行くのが大変ですが、こだわりのある店を作りたいと思ったら、発表になった商品を押さえておかないと鮮度のある店を作ることができません。

 

 

ここが悩ましいところです。

 

 

他にも半年に一度開催しています10月の神無月展に向けての下準備も欠かせない時期に差し掛かっていまして、その件でも、仕入れ先を歩くことに神経を使わなくてはなりません。

 

 

これらの積み重ねが店にレールを引くことになり、半年先のレールに見えるのが、お客様と店の”幸福駅”であって欲しいと願うものになっています。

 

 

それだけに暑くて集中できないとか、思うように買い物に繋がらないといった泣き言をこぼしていられません。

 

そう~、どこにチャンスの芽があるかを探す。

これが水面下の仕事だと私は考えております。

 

 

明日も暑い日になりそうですが、志を高く持って京都へ向かいたいと思っているところです。

 

 

 

 

 

レモン色の附下をコーディネート
レモン色の附下をコーディネート

これはレモン色に近い地色の附下を袋帯でコーディネートしたものです。

 

春・秋・冬の花模様を小さく図案化したもので、このあっさり感が品の良さを強調しているのではないでしょうか?

 

控えめな柄でありながらレモン色にエレガンスな香りをにじませていて正統派の附下かと思っております。

 

パーティーの席にお召しになると明るい色合いが人の目を惹きつけることでしょう。

 

夏物ではありませんが、気分を変えて紹介させていただきました。

 

 

 

 

妻の月命日
妻の月命日

そして今日は妻の月命日でした。

 

ギラギラに太陽の日差しが降り注ぐ中、妻に会ってまいりましたが、いつもならこの時期にセミのなき声が響き渡ってもおかしくないのですが、何故か聞こえてきません。

 

私の勘違いかもしれませんが、セミもこの暑さで身を潜めているのかも・・・

 

そんなことを思いながらも、クモの巣が張り出したお墓を掃除時ながら独り言のように語りかける自分がいました。

 

嫁の体調は良くなったこと。子どもたちの家族が幸せに暮らしていること。毎日右往左往しながら仕事をしていること。

 

それは返事が返ってこない平凡な夫婦の会話で、静かに聞き入れてくれていたのではないかと思っています。

 

何が幸せなのか分からなくなっていますが、何事もなく7月を終えることができたことに感謝しないといけませんね。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ