気軽に着れる牛首紬をコーディネート・その魅力を語ってみました

牛首紬をコーディネート

月始めの一日は京都出張の日ですが、今日が土曜日とあって、明日日曜日に開くクリスマスパーティーの次の日に京都の仕入れ先を廻ってくるつもりでいるところです。

 

なので、店で通常の業務をこなしていました。

 

 

明日のパーティーを前にして、体調不良で出席ができないとか、親戚にご不幸があって出れないとかの連絡が立て続けにありまして、思うように事が進まないものだと改めて感じさせられています。

 

残念ですが、こればかりは仕方ありません。

 

初めて開くクリスマスパーティーだけに、主催者側としてどのような指向で楽しんでいただけるかを気にかけていて、一方でサプライズが起きないかと期待を寄せる自分もいましてね~

 

今日から店内にクリスマスソングのBGMが流れ始めていて、夢多き少年になっている感じがします。

 

クリスマス映画の見過ぎみたいですが、明日の着物パーティーが幸せを呼ぶ優しい会になることを一心に願うばかりです。

 

 

 

 

牛首紬をコーディネート
牛首紬をコーディネート

 

こちらの着物コーディネートは牛首紬で組み立てたものです。

藍色の縞が飾りっ気のない素朴さと紬らしい魅力を引き出していて、とっても素敵でしょう。

 

合わせた帯は、ぜんまいにの糸を使った生地に染めた全通柄の幾何学模様で、カジュアルな雰囲気を創り出す子ことができたかと思っています。

 

普段に着る装いで、流行とか、お洒落とかいういう次元からかけ離れた日常着という香りが味わせる着こなし方です。

 

 

 

 

牛首紬をコーディネート
牛首紬をコーディネート

 

前はこんな感じで、帯〆と帯揚げ、そしてかんざしを加えてみました。

 

コーディネートの色合いのバランスがシックリしていて、抵抗なく着れる組み合わせにかと思っています。

 

 

牛首紬らしい糸の節が浮かんでいて、その風合いは結城紬よりも張りがあり、大島紬よりも肉厚という他の産地紬にない着やすさと、少しばかりの艶が生地にあるのが牛首紬の特徴かと思っています。

 

 

年代幅も広くて、安心できる組み合わせです。

 

先染めで糸を染めてから織った紬らしい紬もあれば、後染めといって白生地を織った後に染を加えたから紬もあり、どちらも魅力的な牛首紬。

 

先染めの伝統的な技を活かした織物の縞紬の生産量が少ないと聞いていますが、地元で作られていることもあり、全国で最も近い取り扱い店で、興味をお持ちでしたら気軽に相談されてみてください。

 

満足していただける提案ができるかと思います。

 

 

明日は忙しい日になりそうです。

 

参加者の着付けなどもあって密度の濃い段取りが待っていますが、お天気も良さそうだし、有意義な夜になるように皆で力を合わせてクリアーしたいと考えていいるところです。

 

では、これにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ