男児お宮参りの着物・そしてお客様から届く「ラブコール」と店作りの在り方

男児祝い着

今日は人間ドッグへ行っていまして、午前中店を離れていましたが、着物パーティーを終えたことや、月が替わったことなど、一つの区切りがついたことで次の一手を考えなくてはなりません。

 

店作りのテーマを決めて店を動かしていくことを目的としていて、初売りに「木目込み雛人形展」を開催することが決まっているものの、できれば来年の3月頃までの店作りの設計図が書けたらと思っています。

 

健診後にそのことを考えたいと思っていましたが、わずか数日でも店を離れていると勘が戻らなくなっていましてね~

 

厳しい冬が訪れるだけにその期間に何ができるのか。この店をどうしたいのかを知恵を持って皆で考えたいと思っているところです。

 

 

ところでクリスマスパーティーにご参加された方の喜びの声が届いていまして、今度は花見もいいのではないかとか、しばらくお休みをしていた顔見世ツアーの復活を願う声もあり、着物で遊ぶ場を待ち望む声も届いています。

 

そんな声を私は「ラブコール」だと受け止めていて、前向きに検討してみたいと考えているところです。

 

着物で遊ぶ機会も含めて、お客様参加型の企画が組めたらいいのですが・・・

 

 

さて、七五三も終わりましたが、お宮参りの男の子の着物を少し揃えたこともあり、その中から既製品でないこだわりの祝い着を幾つか紹介してみたいと思います。

 

 

 

男児祝い着
男児祝い着

 

仮縫いの状態の男の子の着物で、お客様がお選びいただいてから裏地を付けてお仕立てを加える品になりますが、既製品に多く見られる柄とはまったく違うことが見てとれるかと思います。

 

勇ましい色合いに、宝尽くしの模様を活かしていて素敵でしょう。

 

 

 

 

男児祝い着
男児祝い着

 

こちらの品も、お上品な味があってカッコいい祝い着かと思っています。

 

模様は誰からも愛されている古典柄の宝尽くし柄。

 

都会的な雰囲気が感じ取れて素敵でしょう。

 

 

 

男児祝い着
男児祝い着

 

こちらは松を大胆に描いた格式高い祝い着かと思っています。

仕事がとっても重いタイプの一つで、あまり見かけることがない品かと思ってここにアップさせていただきました。

 

男の子が生まれないと準備することができない品ですが、頭に留めていただけたら幸せに思います。

 

皆さんの身近な品とは言えませんが、このような商品が既製品に押されて市場に少なくなっていていることも付け加えさせていただきます。

参考にされてみてください。

 

 

今日に人間ドッグですが、いつもになくストレスを溜める年になっていて、何か体に異常が現れても不思議でないと覚悟して受けたのですが、全く問題がないと言われましてね~

詳しい結果はもう少し先とのことですが取りあえず安心させられました。

 

 

親にいただいた丈夫な体に感謝しないといけませんね。

 

それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ