竺仙さんの絹紅梅小紋をステキにコーディネート・型絵染の帯と小千谷縮の麻長襦袢

竺仙さんの絹紅梅をコーディネート

母の日の商品をオンラインショップで販売することをアドバイスくださったウエーブデザイナーの方がいまして、昨日その方と父の日や浴衣戦略について意見を交わす機会がありました。

 

その方は私にネットから様々なやり方があることをお話しくださるのですが、どちらかといえば、その方面のことを組み立てることを苦手としていて、聞かせていただいたことをどのようにアレンジしたらいいかを悩みながら仕事をする一日でした。

 

取りあえず6月には「父に日」が控えているので、父に日にふさわしい商材をセレクトし、この店らしい味付けをどのようにして加えたらいいかを考えなくてはなりません。

準備ができたらオンラインに載せたいと考えていますが、これがまた難しいだな~

 

商いというものはこの繰り返しですが、いつもと同じことをしていたのでは成果が望めないことが多く、鮮度のあるメッセージが贈れないかと思い悩む私です。

 

 

さて今日は竺仙さんの「絹紅梅小紋」を型絵染で染めた麻の名古屋帯でコーディネートしてみたのでお楽しみください。

 

 

 

竺仙さんの絹紅梅を型絵染の帯でコーディネート
竺仙さんの絹紅梅を型絵染の帯でコーディネート      絹紅梅¥105,000の品

 

それがここにある画像のコーディネートになります。

 

深い藍色の綿紅梅は江戸小紋を思わせる霰(あられ)小紋のようにも見えますが小さなドット柄。

絹100%とあって軽く通気性の良い着物かと考えていますが、合わせた型絵染との相性もバランスよく取れていてとても素敵でしょう。

 

着物通の着こなしって感じでしょう・・・

 

 

 

麻に染めた「型絵染の染帯」¥120,000の品
麻に染めた「型絵染の染帯」¥120,000の品

 

こちらが合わせた全通柄の名古屋帯で、お太鼓も”たれ”にグリーを出すと小粋な装いになるのではないかな~

 

お仕立てをさせていただく際に、たれのグリーンを見えないようにして仕立てることもできますが、グリーンが装いの色に加わるしゃれ色になっていまして、盛夏だけでなくこの時期の単衣物の着物にも合わせていただける帯になります。

 

 

 

竺仙さんの絹紅梅をコーディネート
竺仙さんの絹紅梅をコーディネート

帯とのコーディネートに夏の帯〆と帯揚げ、そして白の玉かんざしを加えたものがこの画像です。

 

絹紅梅を平置きしているもので見た目の透け感をお伝えすることができていませんが、幅広い年齢の方にお召しいただける組み合わせになっているかと思います。

 

とても格好いいと思いませんか?

 

 

小千谷縮の麻長襦袢
小千谷縮の麻長襦袢/¥36,000の品

 

そして絹紅梅も着物に小千谷縮の麻長襦袢を合わせてみてはどうかと思って、水色系とグレー系の色をここに提案してみました。

 

どちらもここに提案した藍のドット柄に合うものですが、グレー地の長襦袢の方が小粋さが増すかもしれませんね。

 

 

 

スワロフスキーの夏半衿「雪の結晶」/¥6,000の品
スワロフスキーの夏半衿「雪の結晶」/¥6,000の品

 

長襦袢に白の夏半衿でスッキリ感を出す着こなしも爽やかで素敵ですが、面白さを表現したければ雪の結晶を半衿のしたスワロフスキーの半衿はいかがでしょう。

 

雪の結晶に霰が降っているというイメージを表現することができて、涼しさを呼び込むことができるのではないでしょうか?

 

これですべてのコーディネートを終えることができましたが、素敵な女性の着こなしを方を紹介することができたのではないかと思っております。

 

 

 

絹紅梅小紋に合わせた小物たち
絹紅梅小紋に合わせた小物たち

 

改めてコーディネートに使った和装小物をここに集めてみました。

 

手提げ籠バッグ・・・¥24,000の品

夏草履・・・¥20,000の品

夏の帯〆・・・¥13,000の品

夏の帯揚げ・・・13,000の品

玉かんざし・・・¥3,000の品

 

訪れる夏を着物で遊べたらいいですね。

そんな願いを込めてトータルコーディネートさせていただきました。

 

お楽しみいただけたでしょうか?

 

では、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ