パステルカラー小千谷ちぢみを西村織物の博多織紗八寸帯でコーディネート

パステルカラー小千谷ちぢみをコーディネート

ようやく温かくなってこの店の出番かと思っていますが、客足はいまだに伸びることがなく苦戦しているところです。

 

今日も情報紙を配るために外周りをする一日でしたが、店に戻るとこのブログを見て下さっているお客様がお越しになられていましてね~

 

初めて店を覗かれたみたいで、普段に着物を着ることが多いと聞いて着物談義に盛り上がりました。

着物愛好家とお話をさせていただく機会に恵まれて気持ちを豊かにすることができて良かったと思っています。

 

だって、コロナ騒動で聞きたくない辛い情報ばかり耳に届いて、心が折れそうになっていたからです。

明るい情報が流れる世の中になって皆がハッピーにならないと、経済は上向きになって行かないのではないかな~

そんなことを強く感じるこの頃です。

 

 

され、温かさんが戻ってきたことで、気持ちが明るくなる色合いの小千谷ちぢみをコーディネートしてみたのでご覧ください。

 

 

 

小千谷ちぢみを夏用博多帯でコーディネート
小千谷ちぢみを夏用博多帯でコーディネート

 

紹介させていただくのはレモン色とヒワ色とが7対3に別れた格子柄の小千谷ちぢみです。

小千谷ちぢみといえば夏物の代表的な麻素材の普段着の着物になります。

 

その着物に通気性に優れた博多織の紗八寸帯を合わせて夏の装いにしてみました。

 

 

 

 

西村織物の博多織紗八寸帯
西村織物の博多織紗八寸帯

こちらの博多帯は色合いが均等に3色に別れていまして、中央の白を挟んで両端が水色の濃淡で織られた夏物の単衣帯です。

 

見た目からも涼しさを呼び込んでいるのではないかと思いますが、従来の献上柄博多帯と違って大胆さのある帯ではないでしょうか?

 

ここに帯〆と帯揚げを加えて装いを整えて見ましょう。

 

 

 

 

パステルカラーの小千谷ちぢみをコーディネート
パステルカラーの小千谷ちぢみをコーディネート

 

帯〆の代わりに涼しさを演出するトンボ玉のグリーンの帯留を加えでみましたが、三分紐の色合いが清潔感に溢れていて素敵でしょう。

 

絽の白っぽい帯揚げを指し、玉かんざしに朝顔の模様が入った品でコーディネートしてみました。

 

 

こちらの装いの面白いところは小千谷ちぢみの色合うが明るいことで、それも色合いが7対3で分かれていることです。

仕立て方で個性の出し方が変わる着物で、その一方で帯と帯周りが涼しさを呼び込んでいるコーディネートかと思っています。

 

この装いを向日葵のような貴女に捧げたいです。

 

上手くまとめることができませんでしたが、何か参考になれば幸いです。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ