お客様とのコミュニケーションランチ会・そして「時代が変わってしまった」と呟く経営者

お客様とランチ

自宅からスキップして行ける距離にクリーニング屋さんの取次店がありまして、長年に渡ってカッターシャツやスーツのクリーニングをお願いしているのですが、今朝カッターシャツを持ち込むと、今月いっぱいで閉店するとの知らせを聞かされて驚きもありましたし寂しさを覚えるものがありました。

 

40年間続けてこられたとことで、経営者の高齢化にクリーニングを出される人が少なくなっていることが廃業の要因にあるようですが、ご主人が漏らした「時代が変わってしまった」の一言に、廃業されるか方の決め台詞は誰もが同じなんだと感じさせられました。

 

コロナの影響が背景にあるのかは定かではありませんが、続けることへの気力を失ってしまったことだけは確かで、私の仕事である和装業界の中でも、「時代が変わってしまった」と口説く経営者が少なくなく、戦うフィールドから姿を消して行った人がどれだけいたことか・・・

 

儚さを感じづにはいられません。

 

 

 

店のウインドー
店のウインドー

 

このコロナ下の中でモチバーションを高く持って仕事と向き合って行くことの難しさを感じていますが、経営をする者にとって、社会に役立つ仕事をしているという誇りみたいなものを何処かに持っていないと、厳しい経済の雨風に耐えたれないのではないでしょうか?

 

一方で高齢化への壁があることも確かで、現役を去らなくてはならないゴールがあるとしたら、お客様から愛される仕事をしていくことって経営の美学ではないかと思っています。

 

 

そんな折、以前お世話になっていたお客様を交えて気の合う仲間(お客様)3人とお昼のランチを食べに行く約束をしていましてね~

 

 

 

お客様と訪れてお蕎麦屋さん
お客様と訪れてお蕎麦屋さん

 

雨が降る中、白山麓のお蕎麦屋さんに言って来ました。

 

私が誘ったのですが、今年はコロナ騒動でお客様と花見もできず、8月に企画していた浴衣パーティーも見送りにしたこともあって、お客様との遊びのコミュニケーションが全く取ることができずにいまして、飾りっ気のないランチ会をしたかったんですね~

 

 

 

お客様とランチ
お客様とランチ

 

その目的は何を食べたかではなくて、これまで溜まっていたストレスを発散する場になっていて、偶然にもランチを共にした4人は血液型がO型で話が盛り上がりましてね~

 

笑いが絶えることがなくて、この安らぎは何なのかと思えるものがあり、つかの間の時間を過ごすことになったのです。

 

信頼で繋がるお客様との輪。

忘れていた感触がありまして、素敵な時間をいただいた気がしました。

 

こうしてお客様から元気をいただくことができて、感謝したいです。

 

取り止めのない記事になってしまいましたが、このような機会をもっと増やせたら、もっともっと元気が出るのではないかと思った一日でした。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ