変わり種の商品を探し歩いた一日・和柄Tシャツに和柄ポロシャツそしてみつけた団扇

和柄ポロシャツ

京都は汗ばむ春の陽気となり、今日から非常事態宣言が解除になりましたが人出が増えたとは言いにくく、同業者も京都入りしている人は少ないように思えました。

 

京都の町も和装業界も元気がありません。

仕入先を廻っていても混み合っている先は一件も無く、お客様はポツリポツリ。

長いコロナ禍で気力を奪われてしまったのか、春が訪れたというのに活気は未だに戻ろうとはしません。

 

一部の仕入先で夏物が発表されていましたが、コロナ禍で昨年の夏物が不振だったこともあって、新商品の減算が目に付きました。

経営という視点から考えたならば、致し方ないことなのかもしれません。

 

とはいうものの自分の店を活気づけて行くのは私自身で、コロナ禍での現状を受け入れつつ必死になって心を動かされる商品を探して廻りました。

 

着物関係は映像を取り込むことができませんでしたが、2年続けて店のヒット商品となった和柄Tシャツを作る仕入先が新しい商品を出していたので、今日はその商品を紹介させていただきましょう。

 

 

 

和柄Tシャツ
和柄Tシャツ

 

その一部がモノトーン作られた和柄Tシャツです。

ここの仕入先も昨年は夏物は不振だったことから持ち越した商品が継続されることとなり、新柄はほんの一握り。

 

 

和柄ポロシャツ
和柄ポロシャツ

 

その代わりという訳でもないのでしょうが、和柄ポロシャツが発表されていました。

それはコテコテの和柄で、どちらかと言えば男性用といえるかもしれません。

 

思い返すと、和柄Tシャツを取り上げたことで買い物客の2割くらいが男性の新規客でした。

何処まで踏み込んでいいのか迷うところもありましたが、新しい客層の開拓を考えたときに、和柄ポロシャツが一つの切り口になるやもしれない。

そう考えた私は、Tシャツだけでなくポロシャツも揃えてみることとしました。

 

 

 

団扇
変わり種の団扇

 

そしてその仕入先で見つけたのが、風変わりな団扇。

ナスビやカブラの形をした団扇であったり、正方形の団扇やスタンド式の松をモチーフにした団扇です。

 

見るなり、「遊び心があって面白い!」と思わせるものでした。

 

コロナ禍の時代だけにワクワクさせられる商品に飢えていまして、この数ヶ月、固定観念にとらわれない”はみ出し物”を探し続けていたんですね~

その意味で、ポロシャツや変わり種の団扇は私の目に適う物だったのです。

 

的外れなことをしているのかもしれませんが、新しい風を起こす「原子」が必要ではないかと考えていまして、その原子が店の中でどう化学変化を起こすのか、期待を寄せる私でした。

 

ところでコロナ禍が続く中で、JRの特急電車が4割近くい運休になっていることを始めて知ることとなりました。

そのことでいつも使わせていただいている行き帰りのサンダーバードが共に運休となっていまして、帰りの電車がなくて困った事態に・・・

その話しは日を改めて記事にできればと思っています。

 

私にとって今日は長い一日でした。

体を休めて訪れた3月を向かい入れたいです。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ