ちりめん地の楽器柄刺繍帯・そして東京オリンピック開催は経済回復の切っ掛けに繋がるのかな~

オシャレな楽器柄の帯

コロナ禍が一年余し続いていて楽しい暮らしが失われています。

旅行や会食も気軽にできなくなっていますし、毎年石川県和装振興会がサポートしている十三詣りも昨年に引き続き中止となり、町会の春祭りも中止となりました。

いつまでこのような社会生活が続くのかと思うと憂鬱になります。

 

ワクチン接種ができるようになったことが明るい話題と言えますが、国民に行き渡るのはまだまだ先のことで、その中で東京オリンピック開催の扱いをどうするかが議論され始めました。

 

私はコロナ感染を抑えられないようであればオリンピックを開催すべきではないと思っていて、どのような形であれ、開催に踏み切って感染がリバウンドすることになれば、日本経済に大きなダメージを与えることは避けられません。

仮にそのような事態に戻ったとしたら、資本力の乏しい商店や会社は破綻してしまうのではないでしょうか?

退屈な社会生活の中で日本でのオリンピック開催を待ち望んでいるものの、その一方で仕事がこれ以上危険な状況にさらされるのは絶えられません。

 

安全が担保できないようであれば、オリンピック開催を見送る決断があってもいいのでないでしょうか。

 

とにかく今はワクチン接種がスムーズに進められることに力を注ぎ、医療関係者の負担を少しでも軽減できることを考えていただきたいと思っています。

日本経済の回復はオリンピック開催ありきではなくて、国民の安全と穏やかな生活が戻ることを優先して考えることが近道に思えるのですが、皆さんはどのようにお考えでしょう。

 

それにしても人類の知能と科学を持ってしても新型コロナをコントロールできないとは、恐ろしいを病気ですね。

 

このような話題を振っておきながら楽しいことを考えようなんて、チッと無理があるかもしれませんが、ワクワクさせられる帯が入荷しました。

 

 

オシャレな楽器柄の帯
オシャレな楽器柄の帯

 

それがこちらの楽器柄の刺繍帯です。

素敵でしょう・・・

 

「定されているコンサートに締めたいな~」とか、「心が躍る会食の場に締めてみたい!」などと思っている人がいらっしゃるかもしれませんね。

 

紬の着物や小紋などに合わせて締めていただけたら注目されるのではないでしょうか?

 

 

 

ちりめん地の楽器柄刺繍帯
ちりめん地の楽器柄刺繍帯

 

少し見にくいかもしれませんが、五線譜も音符も楽器も全て刺繍で描かれているんですよ・・・

そのこともあって五線譜の線が少し歪な曲線になっていることが見て取れるかと思います。

 

染料で描いた物とは違って、優しいタッチで表現させているところがこの帯のポイントかと考えています。

帯の素材はちりめん地で、黒地なので合わせる着物の色を迷わずに済むのではないでしょうか?

 

今もコロナ禍ですが、この帯を締めて気分を換えてみるのも悪く無いと思っております。

参考にされてみてください。

 

もっともっと楽しくなる着こなし方が紹介できればと思っていますが、コロナ禍は作り手の意欲を削ぐところがありましてね~

仕入先を廻っていても少なくなっているのが現状です。

いろんなところに影響を及ぼしていて、安全な暮らしが一日も早く訪れることを切に願って今日の記事とさせていただきます。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ