涙市その❹「個性派好みの夏帯をプライスダウン」・そして縁起物の「勝つ虫」の絞り刺繍帯

「勝ち虫」トンボ柄の絞り帯

目の前に迫っている東京オリンピックの無観客が昨夜決まり、東京都では4回目の緊急事態宣言が発令されるとのこと。

このようなことになることが予測できただけに、もう少し早く決断できなかったのでしょうか。

特にオリンピック需要を見込んでビジネス展開を図っていた企業や商店の経済損失は大きさのではないかな~

 

何のためにオリンピックを開くのか?

その意味さえも薄らいでしまって、頭を抱える関係者は少なくないことでしょう。

 

「コロナが憎い!」としかいいようがありませんが、オリンピック開催国としてワクチン接種が早くできなかったことに悔いが残ります。

 

ここまで来たら割り切って、オリンピックを楽しめる環境を整えることにベストを尽くして欲しいと思います。

ホスト国として、温かい目でアスリートを応援しなければならないと思っています。

 

様々な痛みを抱えて開く東京オリンピックとなりましたが皆でエールを送りましょう。

 

ところで、コロナ禍と梅雨空のダブルで心が湿っぽくなっていて、何か面白いことがないかと思ってしまいます。

こんなときこそお客様の笑顔は心の隅間を埋めるものになっていて元気をいただけるですね~

 

お客様の笑顔をいただくためにも、梅雨空の下で、年に一度の涙市の準備を進めていまして、夏物の着物や帯のプライスダウンの札入れが終わり、明日から秋冬物の商品の札入れに入りたいと考えているところです。

 

そこで今日は夏物商品からお洒落な帯を紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

トンボ柄の絞り名古屋帯
トンボ柄の絞りに刺繍名古屋帯

 

それがこちらのトンボ柄の帯で、市松取り麻素材の帯地に絞り刺繍を加えてトンボ柄を浮かび上がらせたこだわりの夏物です。

 

帯の地色がブルーグレーで、トンボの羽根を絞りで表現し胴体をブルーの糸で刺繍しています。

暑い夏をトンボ柄で涼しさを呼び込んでいるのではないでしょうか?

 

 

 

「勝ち虫」トンボ柄の絞り帯
「勝ち虫」トンボ柄の絞り刺繍帯

 

このトンボ柄を「勝ち虫」ともいいまして、きもの業界では縁起物の柄とさせています。

その意味を詳しく調べてみると、

トンボは素早く飛び回り害虫を捕らえ、また前にしか進まず退かないところから「不転退(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の精神を表すものとして、「勝ち虫」と呼ばれ、縁起物として武士に喜ばれました。 戦国時代には兜や鎧、箙(えびら)刀の鍔(つば)などの武具、陣羽織や印籠の装飾に用いられたそうです。

 

そのような意味を持つ帯ですが、16日から税込み価格110,000の品が末広がりの88,000円の割引価格で発表させていただきます。

他にも面白い夏帯をプライスダウンさせていただきましたので、涙市をご利用いただけたらと思っています。

 

では今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ