イギリスロイヤル・ファッション柄を刺繍帯にした商品が届く・そして平凡な幸せを語る

刺繍帯/イギリス草花と虫紋柄

お客様の少ない日でした。

コロナ禍前の調子に戻るのはいつのことでしょう。

 

そんなことを思いながらも、店の奥で神無月の会の案内状の構成を考えていた私ですが、日替わりで考えることが多くある割には楽しいことが少なくて、粘り強く生活を送っていることに我ながら感心しています。

 

もしかしたら人生って毎日を淡々と消化しながら平凡な暮らしが送れることが最も幸せなことなのかもしれません。

それに手にしたいものが手にできないから私たち人間は頑張ることができるので、全てのものを手にしてしまったとしたら、人生のゴールを経験をしたことになるのかも・・・

知ることができない領域ですが、「今晩の夕食は何にしょうかな~」みたいなことを考えている方が幸せなのかもしれませんね。

 

高望みは程々にして、自分らしく生活が送れたらハッピーなのかもしれませんね。

 

 

話題が突然替りますが、数ヶ月前に注文していた帯が届いたので、今日はその帯を紹介してみましょう。

 

 

 

刺繍帯/イギリス草花と虫紋柄
刺繍帯/イギリス草花と虫紋柄

 

その商品はイギリス草花と虫紋柄の刺繍帯になります。

全て刺繍で模様を描いていまして、商品を作った職先の担当者の話しによると、16世紀から19世紀の英仏ファースト・レディーたちが着こなしたロイヤル・ファッションを帯として発表した品を用意致しました。

 

 

 

16世紀から19世紀のロイヤル・ファッション
16世紀から19世紀のロイヤル・ファッション

 

こちらの映像はエリザベス1世の宮廷ドレスだそうです。

ルネサンス期のイギリス・モードを代表するファッションだったとか・・・

 

 

 

貴婦人達のファッション
貴婦人達のファッション

 

拡大した映像になります。

 

その当時のロイヤル・ファッションに使われた図案が残っていたみたいで、日本の帯として発表した新しい感覚の刺繍帯になります。

 

 

 

刺繍帯/腹の模様
刺繍帯/腹の模様

 

こちらが腹の刺繍柄になります。

オンリーワンと言っても過言でない帯で、16世紀から19世紀のロイヤル・ファッションに惹かれるところがあっ用意したものです。

 

もの好きだと思いませんか?

こちらの帯がとても変わっていることもあって、説明が加えられるように参考資料を用意してくれたみたいです。

興味をお持ちでしたらいつでも相談ください。

 

ということで今日を閉じることと致します。

 

今晩の夕食は何を食べようかな~

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ