私の家族にとっても大切な一日・今日は「妻の命日」で妻に贈る記事にしました

妻の命日

今日10月31日は衆院選の投票日でもありハロウィンの日で、金沢マラソンも行なわれて、大いに盛り上がった一日ではなかったでしょうか。

子ども達は地元の遊園地に集合し、孫達と有意義な時間を過ごしたと聞いていますが、私は残した仕事が山積みになっていて忙しい一日でした。

お客様の出入りもそこそこあって、予定して仕事をこなせたとはいえませんが、11月号の情報誌がほぼ完成に近くなったことが今日の収穫だったかもしれません。

 

そして私たち家族にとっては今日という日はとても大切な日で、妻の命日だったんですね~

 

 

 

妻の命日
妻の命日

 

店を開ける前に妻に会ってまいりましたが、ここに来ると愚痴っぽくなってしまって、妻が他界して13年も経つのに独り立ちできていないことに気づかされます。

 

妻亡き後、できるだけ弱音を吐かないように務めていますが、妻が今も元気だったら仕事も家庭もまったく変わっていたかもしれません。

 

一番思うことは、孫達が我が家に来て食事をする機会があまりありませんが、妻がいたら美味しいご馳走を振る舞っていたことでしょう。

お泊まりもあったりしていたことでしょう。

今日だった孫達と遊園地に一緒に行っていたに違いありません。

 

仕事はおそらく妻のファンで溢れていて、京都出張も一緒に行っていたと思います。

特に今回のコロナ禍で仕事への影響を受けていますが、私たちに明るい笑顔を見せてくれていたのではないだろうか?

それくらい妻の笑顔にはエネルギーがあって、随分助けられていたことを思い出します。

 

家族が集まったとき、

孫の成長を見たとき、

仕事で行き詰まったり辛いことがあったとき、

スパーに買い物に出かけたとき、

一人で食事の用意をしているとき、

お洒落な着物柄を目にしたとき、

 

他にも沢山ありますが、何かにつけて妻を思い出します。

 

幸せな時間を私たちに与えてくれていたことに心から感謝しています。

「おりがとうお母さん・・・」

 

未だに独り立ちできていないが、お母さんの分まで生きることをここに誓います。

だから、愚痴をこぼしても嫌がらず聞いてくださいね。

 

この10月は私にいろんなことを語りかけてくれた月でした。

心の整理ができていませんが、明日から11月が始めりまります。

 

振り変えることもことも大切だけで、踏み出すことがもっと大切なように考えてるだけに、心をリセットして新しい月に挑みたいと思っている私です。

まずは京都出張から始めたいと思っております

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ